美 

術 

新着情報

京都府京都市右京区買取NO1を目指しています!!高価買取エリア(骨董品・美術品)

高価買取NO1・満足度NO1に挑戦中!!
骨董品・美術品などの買取販売は新原美術にお任せください。
どこのお店より高価買取に自信があります!!
まずはお気軽にお電話ください。

新原美術 電話0766−22−7303

≪取扱い商品≫
日本画/洋画/版画/掛軸/屏風/茶道具/古陶磁器/古伊万里/鉄瓶/銀瓶/象牙/貴金属/金/プラチナ/ガラス/ランプ/古時計/根付/印籠/きせる/蒔絵物/酒器/塗物/古酒(洋酒類)/西洋陶器/高級家具/和箪笥/桐箪笥/水屋/火鉢/刀剣/鍔/小道具/仏教美術/人形/古おもちゃ/アンティーク/着物/贈答品/楽器/美術、新作工芸、美術工芸品、掛け軸、人間国宝作品、日本陶磁器、中国陶磁器、彫刻、蒔絵、屏風、古銭、版画、古書、書画/リサイクル品/巻物/金瓶/時代物/新物

即現金買取 秘密厳守 無料査定・無料見積いたします。押入れや物置に眠っている品物を高く売りたい方、お気軽にお電話ください!! どこよりも高く買い取る自信があります!!

京都府京都市右京区内どこでも無料出張鑑定致します。
お気軽にお電話ください。
新原美術 店主
以下は買取エリアです、、、

江里 佐代子(えり さよこ、1945年7月19日 – 2007年10月3日)は日本の截金師。2002年に諸工芸の截金の分野で3人目の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。夫は仏師の江里康慧、子は同じく截金師の左座朋子。

京都市に生まれ、大学で日本画や染色などを学ぶ。江里康慧と結婚を契機に截金師北村起祥のもとで截金の技法を習得する。
本来仏像の荘厳技法であった截金を飾筥(かざりばこ)、棗(なつめ)、香盒(こうごう)、結界(けっかい)、屏風(びょうぶ)、衝立(ついたて)、額装、壁面装飾へと応用しその可能性を広める。また日本伝統工芸展において日本工芸会総裁賞、日本経済新聞社賞や高松宮記念賞、京都工芸美術展では市長賞など受賞を重ね、夫の江里康慧との二人展「仏像と截金」なども開催し、截金の認知度を高めた。また京都造形芸術大学と龍谷大学で客員教授を、東京芸術大学大学院で非常勤講師を務めるなど截金の普及にも力を注いだ。
2002年7月8日に全国最年少で重要無形文化財保持者に認定され、翌年には江里康慧とともに京都府文化功労賞を受賞。建築や寺院の壁面、空間装飾の仕事も多く、京都迎賓館では晩餐室「藤の間」の舞台扉「響流光韻(こおるこういん)」に截金を施すなど多彩な活躍が続いていた。
後継者の育成や更なる作品の製作の道半ば、 ロンドンの大英博物館で開催中の作品展「現代日本のわざの美」で実演と講演をした後、調査のため向かったフランスのアミアンで、脳出血のため62歳で死去した。

近藤 悠三(こんどう ゆうぞう、1902年2月8日 – 1985年2月25日)は日本の陶芸家。1977年に人間国宝に認定。本名は近藤雄三。染付の悠三で知られる。
陶芸家・近藤豊(1932年 – 1983年)は長男、陶芸家・近藤濶(ひろし)は次男、陶芸家・美術家の近藤高弘は孫にあたる。俳優の近藤正臣は親戚。幕末の尊攘運動家の近藤正慎は祖父。

京都市清水寺下出身。父・正平、母・千鶴の三男として生まれる。祖父である正慎は清水寺の寺侍であった。
1914年、京都市立陶磁器試験場付属伝習所轆轤科に入所。1917年に卒業後、同試験場で助手として勤務する。当時、河井寛次郎と濱田庄司が東京高等工業を卒業して技手として陶磁を研究しており、悠三は濱田から窯業科学などを学んだ。
1921年に陶磁器試験場を辞め、イギリスから帰国して大和に窯を構えた富本憲吉の助手として師事。素地や釉薬などの技法だけでなく、制作に対する心構えについても指導を受けている。
1924年京都に戻った後、関西美術院洋画研究所でデッサンや洋画の研究をする傍ら、清水新道石段下に窯を構え制作を始める。この頃は染付の他に、釉裏紅や象嵌等の技法も用いた作品を発表していた。
1926年、24歳で中島光子と結婚。
1928年の第9回帝展で初入選を果たし、以後13回連続で入選する。他、文展などで多くの作品を発表。1950年には第6回日展で審査員を務めた。1955年に日本工芸会に所属。1956年、「山水染付壺」が第3回日本伝統工芸展で日本伝統工芸会賞を受賞。
1956年には岐阜県多治見市にて志野焼の研究をしている。以降は染付の制作に専念した。つけたてとぼかしを基調とした筆遣いによって濃淡を表し、ザクロや梅などをモチーフとして絵画的な表現をなした。さらに1960年以降、呉須染付に併用して赤絵や金彩の技法を用いるようになり、さらに独特の作風を確立した。
日本工芸会常任理事、陶芸部会長を歴任。1953年、京都市立美術大学(現:京都市立芸術大学)陶磁器科助教授、1956年、同大学教授。1965年10月には学長に就任した。
1970年に紫綬褒章、1973年には勲三等瑞宝章、京都市文化功労者章を受章。1977年4月25日、重要無形文化財「染付」の保持者(人間国宝)に認定された。1980年、紺綬褒章受章。
1985年逝去。「自分は、し残したことがあるので、生まれ変わっても、陶芸家として生まれてくる」と生前語っていた。

齋田梅亭(さいた ばいてい 1900年4月6日 – 1981年6月1日)は日本の截金師。1981年に諸工芸の截金の分野で初めて重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。

京都・西本願寺御用の截金師の家に生まれ、京都市立美術工芸学校(現・京都市立芸術大学)図案科を卒業し、百貨店や呉服専門店で意匠の仕事に従事した後、25歳頃より家業である截金を継いだ。
截金を工芸作品として屏風(びょうぶ)、額(がく)、衝立(ついたて)、茶入れや飾箱に応用し、東京・赤坂の迎賓館へ四曲一双屏風「霞文(かすみもん)」を納入するなど工芸分野としての基盤を築いた。特に屏風や額などの平面な作品に截金を施す際、海の中に生息する魚や海草、薄の穂、牡丹・紫陽花・菊・椿の華を写実的に表現したという点において彼の作風が際立っている。

京焼(きょうやき)は日本の陶磁器の一種。粟田口焼、御室焼など京都で作られる作品の総称となっている。一度焼成した後に上絵付けを施す上絵付けの技法を用いた陶器が多く、作家ごとの個性が強いのが特徴。 また、乾山写し・仁清写しなど、他窯のデザインを本歌取りした写しものを得意とする。

京焼の始まり
近年の研究では、慶長年間初頭の1590年代末には京焼の生産が始まっていたと考えられている。この頃の作品については不明な点が多いが、低温で焼成し、鉛を含む釉薬が使用されていて、技法やデザインが多様なことが特徴である。
この時期以前の京都は、三条粟田口界隈に陶磁器の窯元が集中し、粟田焼が生産されていた。ただし、天正年間以前の16世紀中頃には三彩や交趾焼などの技術を持った中国人陶工およびその後継者達が製陶を開始していた。緑、紫、紺、黄など寒色系の釉薬が特徴で、押小路焼のルーツとなったと考えられている。
色絵陶器の成立
17世紀に入ると、茶道の興隆に伴って茶碗、茶入など茶陶の製造が盛んになった。具体的には、瀬戸焼、美濃焼や唐津焼の職人とその技法をベースとして高麗茶碗の写しなどが作られている。また、この頃に黒谷土と呼ばれる製陶に適した原料土が地元の山城国で発見されたことも陶磁器の生産の助けとなった。
京焼の中で最古の部類に入る粟田口焼(粟田焼)は、寛永年間には粟田口で生産を行なっていた。ここでは中国の茶器の写しや天目茶碗が作られた。同時期では、八坂焼は1640年、清水焼は1643年までには存在が確認されている。これに続いて御室焼、御菩薩池焼(みぞろがいけやき)、修学院焼なども作られた。
このような中、慶安3年(1650年)5月25日に金森重近(宗和)が参加した茶会に関する記述の中で、絵付を施した御室焼の登場が確認されている。さらに翌年か翌々年には赤色系の上絵付を施した御室焼が野々村仁清によって初めて作られた。調合・焼成の困難な赤色系の絵付を17世紀に成功させたのは、磁器を国内で初めて製作した伊万里焼(有田焼)以外ではこれが唯一の例であり、かつ陶器では国内初であった。
18世紀以降
野々村仁清の死後、跡を継いだ息子は技量が及ばず製陶から手を引いた。しかし仁清から直接技法を学んだ尾形乾山は優れた作品を多く残した。また、永樂了全より後の永樂家は保全、和全など優れた陶工を輩出し、千家に作品を納めて今日に至る。
技術的にも重要な存在としては奥田頴川が挙げられる。頴川は京焼として初めて磁器を製作し、この後を受けて青木木米や仁阿弥道八らも磁器の作品を多く残した。
明治維新後は体制や文化の変化に伴って茶陶の需要が激減し、廃業した者も多い。また、陶工の一部は日本陶器(現・ノリタケカンパニーリミテド)のような企業組織に入っていき、その技術を支えた。

清水焼(きよみずやき)は京都府で焼かれる陶磁器。清水寺への参道である五条坂界隈(大和大路以東の五条通沿い)に清水六兵衛・高橋道八を初めとする多くの窯元があったのが由来とされる。京都を代表する焼物である。
五条通の大和大路通から東大路通(東山通)に至る区間の北側に所在する若宮八幡宮社の境内には「清水焼発祥の地」との石碑が建っており、毎年8月8日から10日の「陶器祭」では清水焼で装飾された神輿が出る。

伝統的工芸品産業の振興に関する法律にもとづいて指定された「経済産業大臣指定伝統的工芸品」および、京都府伝統と文化のものづくり産業振興条例にもとづいて認証された「京都府知事指定伝統的工芸品」(京もの指定工芸品)における名称は、「京焼・清水焼」となっている。

楽焼(らくやき)は、一般的に電動轆轤や足で蹴って回す蹴轆轤(けろくろ)を使用せず手とへらだけで成形する「手捏ね」(てづくね)と呼ばれる方法で成形した後、750℃ – 1,100℃で焼成した軟質施釉陶器である。また、楽茶碗などとも呼ばれる。 狭義には樂家の歴代当主が作製した作品や樂家の手法を得た金沢の大樋焼が含まれる。 広義には同様の手法を用いて作製した陶磁器全体を指す。
千利休らの嗜好を反映した、手捏ねによるわずかな歪みと厚みのある形状が特徴である。茶碗や花入、水指、香炉など茶道具として使用される

天正年間(16世紀後半)、瓦職人だった長次郎が千利休の指導により、聚楽第を建造する際に土中から掘り出された土(聚楽土)を使って焼いた「聚楽焼」(じゅらくやき)が始まりとされる。
二代目・常慶の父、田中宗慶(一説に利休の子という)が豊臣秀吉より聚楽第からとった樂の印章を賜り、これを用いるとともに家号にしたことから楽焼となった、との説が広く知られる。
楽家の楽焼を本窯、傍流の楽焼を脇窯という。

黒楽
初期の製法としては、素焼き後に加茂川黒石からつくられた鉄釉をかけて陰干し、乾いたらまた釉薬をかけるといったことを十数回繰り返してから1000℃程度で焼成する。焼成中に釉薬が溶けたところを見計らって窯から引き出し急冷することで、黒く変色する。これは美濃焼と共通する手法である。
天正9年(1581年) – 同14年(1586年)頃に長次郎によって黒楽茶碗が焼かれたのが始まりである。
赤楽
赤土を素焼きし、透明の釉薬をかけて800℃程度で焼成する。樂家と関わりの深い本阿弥光悦や、樂道入の作品などが有名である。利休のエピソードに秀吉は黒楽を嫌い赤楽を好んだとある(『神屋宗湛日記』)。

朝日焼(あさひやき)は京都府宇治市で焼かれる陶器。宇治茶の栽培が盛んになるにつれ、茶の湯向けの陶器が焼かれるようになった。江戸時代には遠州七窯の一つにも数えられている。
朝日焼という名前の由来については、朝日山という山の麓で窯が開かれていたという説と、朝日焼独特の赤い斑点(御本手)が旭光を思わせるという説がある。

歴史
宇治地方は古くから良質の粘土が採れ、須恵器などを焼いていた窯場跡が見られていた。室町時代、朝日焼が興る前には、経歴も全く不詳な宇治焼という焼き物が焼かれ、今も名器だけが残されている。
今日、最古の朝日焼の刻印があるのは慶長年間のものである。しかし、桃山時代には茶の湯が興隆したため、初代、奥村次郎衛門藤作が太閤豊臣秀吉より絶賛され、陶作と名を改めたというエピソードも残っていることから、当時から朝日焼は高い評判を得ていたことになる。後に二代目陶作の頃、小堀遠江守政一(小堀遠州)が朝日焼を庇護、そして指導したため、名を一躍高めることとなった。同時に遠州は朝日焼の窯場で数多くの名器を生み出している。
三代目陶作の頃になると、茶の湯が一般武士から堂上、公家、町衆に広まっていき、宇治茶栽培もますます盛んになり、宇治茶は高値で取引されるようになった。それに並行して朝日焼も隆盛を極め、宇治茶の志向に合わせて、高級な茶器を中心に焼かれるようになっていった。
朝日焼の特徴
朝日焼は原料の粘土に鉄分を含むため、焼成すると独特の赤い斑点が現れるのが最大の特徴である。そして、それぞれの特徴によって呼び名が決まっている。
燔師(はんし)
分かりやすく解釈すると、師匠が焼いた物という意味である。赤い粗めの斑点がぽつぽつと表面に浮き出たような器をいう。
鹿背(かせ)
燔師とは対照的に、肌理細かな斑点が見られる器をいう。鹿の背中のような模様から名付けられた。
紅鹿背(べにかせ)
鹿背の中でも、特に鉄分が多く、よりくっきりと紅色が見えるものを指す。

上のような人間国宝の作品や地元の焼き物などが家や蔵に眠っていて売却をお考えの時はご連絡ください!!

うずまさあおきがはらちょう

太秦青木ケ原町
うずまさあおきもとちょう
太秦青木元町
うずまさあらきちょう
太秦荒木町
うずまさいしがきちょう
太秦石垣町
うずまさいずみしきぶちょう
太秦和泉式部町
うずまさいちのいちょう
太秦一ノ井町
うずまさいっちょうしばちょう
太秦一町芝町
うずまさいどがじりちょう
太秦井戸ケ尻町
うずまさいぬいちょう
太秦乾町
うずまさうまづかちょう
太秦馬塚町
うずまさおくどのちょう
太秦奥殿町
うずまさおもかげちょう
太秦面影町
うずまさかいしょうじちょう
太秦海正寺町
うずまさかいにちちょう
太秦開日町
うずまさかきうちちょう
太秦垣内町
うずまさかたびらのつじちょう
太秦帷子ケ辻町
うずまさかつらがはらちょう
太秦桂ケ原町
うずまさかつらぎちょう
太秦桂木町
うずまさかみけいぶちょう
太秦上刑部町
うずまさかみのだんちょう
太秦上ノ段町
うずまさからとちょう
太秦唐渡町
うずまさかわどころちょう
太秦川所町
うずまさきたろちょう
太秦北路町
うずまさきのしたちょう
太秦木ノ下町
うずまさきょうのみちちょう
太秦京ノ道町
うずまさくみいしちょう
太秦組石町
うずまさこてすみちょう
太秦小手角町
うずまさごしょのうちちょう
太秦御所ノ内町
うずまさごりょうでんちょう
太秦御領田町
うずまささんびちょう
太秦三尾町
うずまさしもかくだちょう
太秦下角田町
うずまさしもけいぶちょう
太秦下刑部町
うずまさしゅじゃくちょう
太秦朱雀町
うずまさすがもとちょう
太秦椙ケ本町
うずまさたきがはなちょう
太秦滝ケ花町
うずまさたつみちょう
太秦巽町
うずまさたなもりちょう
太秦棚森町
うずまさたやぶちょう
太秦多藪町
うずまさたるみやまちょう
太秦垂箕山町
うずまさつじがもとちょう
太秦辻ケ本町
うずまさつちもとちょう
太秦土本町
うずまさなかすじちょう
太秦中筋町
うずまさなかつつみちょう
太秦中堤町
うずまさなかやまちょう
太秦中山町
うずまさにしのちょう
太秦西野町
うずまさにしはちおかちょう
太秦西蜂岡町
うずまさのもとちょう
太秦野元町
うずまさはかまだちょう
太秦袴田町
うずまさはちおかちょう
太秦蜂岡町
うずまさはったんだちょう
太秦八反田町
うずまさひがしからとちょう
太秦東唐渡町
うずまさひがしはちおかちょう
太秦東蜂岡町
うずまさひのうちちょう
太秦樋ノ内町
うずまさふじがもりちょう
太秦藤ケ森町
うずまさほりいけちょう
太秦堀池町
うずまさほりがうちちょう
太秦堀ケ内町
うずまさまえのだちょう
太秦前ノ田町
うずまさまつもとちょう
太秦松本町
うずまさみなせいじちょう
太秦皆正寺町
うずまさみやのまえちょう
太秦宮ノ前町
うずまさもりがにしちょう
太秦森ケ西町
うずまさもりがひがしちょう
太秦森ケ東町
うずまさもりがまえちょう
太秦森ケ前町
うずまさもんだちょう
太秦門田町
うずまさやすいいけだちょう
太秦安井池田町
うずまさやすいいっちょうでんちょう
太秦安井一町田町
うずまさやすいうまづかちょう
太秦安井馬塚町
うずまさやすいおくはたちょう
太秦安井奥畑町
うずまさやすいかすがちょう
太秦安井春日町
うずまさやすいきたごしょちょう
太秦安井北御所町
うずまさやすいくるまみちちょう
太秦安井車道町
うずまさやすいこやまちょう
太秦安井小山町
うずまさやすいたつみちょう
太秦安井辰巳町
うずまさやすいつじのうちちょう
太秦安井辻ノ内町
うずまさやすいにしうらちょう
太秦安井西裏町
うずまさやすいにしざわちょう
太秦安井西沢町
うずまさやすいにじょううらちょう
太秦安井二条裏町
うずまさやすいひがしうらちょう
太秦安井東裏町
うずまさやすいふじのきちょう
太秦安井藤ノ木町
うずまさやすいまつもとちょう
太秦安井松本町
うずまさやすいみとでんちょう
太秦安井水戸田町
うずまさやすいやなぎどおりちょう
太秦安井柳通町
うずまさゆりがもとちょう
太秦百合ケ本町
うたのおいけちょう
宇多野御池町
うたのおやしきちょう
宇多野御屋敷町
うたのかみのたにちょう
宇多野上ノ谷町
うたのきたのいんちょう
宇多野北ノ院町
うたのしばはしちょう
宇多野柴橋町
うたのしばまち
宇多野芝町
うたのながおちょう
宇多野長尾町
うたのばばちょう
宇多野馬場町
うたのふくおうじちょう
宇多野福王子町
うたのほうあんじちょう
宇多野法安寺町
うめがはたいのしりちょう
梅ケ畑猪ノ尻町
うめがはたうえとちょう
梅ケ畑上砥町
うめがはたうえのちょう
梅ケ畑上ノ町
うめがはたうまたににしひら
梅ケ畑馬谷西平
うめがはたうまたにひがしひら
梅ケ畑馬谷東平
うめがはたうんしんじにしひら
梅ケ畑雲心寺西平
うめがはたうんしんじひがしひら
梅ケ畑雲心寺東平
うめがはたおくとのちょう
梅ケ畑奥殿町
うめがはたかがりちょう
梅ケ畑篝町
うめがはたかぜふき
梅ケ畑風吹
うめがはたかめいしちょう
梅ケ畑亀石町
うめがはたかわにしちょう
梅ケ畑川西町
うめがはたかわひがし
梅ケ畑川東
うめがはたくぼたにちょう
梅ケ畑久保谷町
うめがはたごしょのくちちょう
梅ケ畑御所ノ口町
うめがはたささえべちょう
梅ケ畑笹江辺町
うめがはたしみずちょう
梅ケ畑清水町
うめがはたしょうぶだに
梅ケ畑菖蒲谷
うめがはたたかおちょう
梅ケ畑高雄町
うめがはたたかはなちょう
梅ケ畑高鼻町
うめがはたたにやま
梅ケ畑谷山
うめがはたたにやまかわにし
梅ケ畑谷山川西
うめがはたつめたみず
梅ケ畑冷水
うめがはたてらお
梅ケ畑寺尾
うめがはたとがのおちょう
梅ケ畑栂尾町
うめがはたとのはたちょう
梅ケ畑殿畑町
うめがはたとりさかたに
梅ケ畑鳥坂谷
うめがはたなかじまちょう
梅ケ畑中嶋町
うめがはたなかたちょう
梅ケ畑中田町
うめがはたなかなわてちょう
梅ケ畑中縄手町
うめがはたにしのはたちょう
梅ケ畑西ノ畑町
うめがはたはたのしたちょう
梅ケ畑畑ノ下町
うめがはたはたまち
梅ケ畑畑町
うめがはたひうちいわたに
梅ケ畑燧岩谷
うめがはたひきじちょう
梅ケ畑引地町
うめがはたひのきやしろちょう
梅ケ畑檜社町
うめがはたひろしばちょう
梅ケ畑広芝町
うめがはたふるたちょう
梅ケ畑古田町
うめがはたまきのおちょう
梅ケ畑槇尾町
うめがはたますいにしひら
梅ケ畑増井西平
うめがはたますいひがしひら
梅ケ畑増井東平
うめがはたまのがゆり
梅ケ畑真野ケ百合
うめがはたみきょうさかちょう
梅ケ畑御経坂町
うめがはたみずたに
梅ケ畑水谷
うめがはたみやのくちちょう
梅ケ畑宮ノ口町
うめがはたむかいやま
梅ケ畑向井山
うめがはたむこうのちちょう
梅ケ畑向ノ地町
うめがはたやぶのしたちょう
梅ケ畑藪ノ下町
うめがはたやまさきちょう
梅ケ畑山崎町
うめがはたゆくえだに
梅ケ畑行衛谷
うめがはたれんげたに
梅ケ畑蓮華谷
うめづいしなだちょう
梅津石灘町
うめづうえだちょう
梅津上田町
うめづおおなわばちょう
梅津大縄場町
うめづかまえくちちょう
梅津構口町
うめづかんだちょう
梅津神田町
うめづきたうらちょう
梅津北浦町
うめづきたがわちょう
梅津北川町
うめづきたひろちょう
梅津北広町
うめづきたまち
梅津北町
うめづごとうちょう
梅津後藤町
うめづさかもとちょう
梅津坂本町
うめづしりみぞちょう
梅津尻溝町
うめづたかぜちょう
梅津高畝町
うめづだんまち
梅津段町
うめづつつみかみちょう
梅津堤上町
うめづつつみしたちょう
梅津堤下町
うめづとくまるちょう
梅津徳丸町
うめづなかくらちょう
梅津中倉町
うめづなかむらちょう
梅津中村町
うめづにしうらちょう
梅津西浦町
うめづはやしくちちょう
梅津林口町
うめづひがしかまえぐちちょう
梅津東構口町
うめづひらきちょう
梅津開キ町
うめづふけのかわちょう
梅津フケノ川町
うめづふしはらちょう
梅津罧原町
うめづまえだちょう
梅津前田町
うめづみなみうえだちょう
梅津南上田町
うめづみなみひろちょう
梅津南広町
うめづみなみまち
梅津南町
おむろおおうち
御室大内
おむろおかのすそちょう
御室岡ノ裾町
おむろこまつのちょう
御室小松野町
おむろしばはしちょう
御室芝橋町
おむろすみよしやまちょう
御室住吉山町
おむろたてまち
御室竪町
おむろならびがおかちょう
御室双岡町
おんどやまやまのちゃやちょう
音戸山山ノ茶屋町

きたさがあかさかちょう
北嵯峨赤阪町
きたさがあさはらやまちょう
北嵯峨朝原山町
きたさがきたのだんちょう
北嵯峨北ノ段町
きたさがきびしゃちょう
北嵯峨気比社町
きたさがさんおうちょう
北嵯峨山王町
きたさがなぎなたざかちょう
北嵯峨長刀坂町
きたさがなこそちょう
北嵯峨名古曽町
きたさがはちじょうちょう
北嵯峨八丈町
きたさがほらのうちちょう
北嵯峨洞ノ内町
きたさがろくだいしばちょう
北嵯峨六代芝町
けいほくあかいしちょう
京北赤石町
けいほくあかいしちょう(いわかたのつぼ)
京北赤石町(岩方ノ坪)
けいほくあかいしちょう(さかやばた)
京北赤石町(酒屋畑)
けいほくあかいしちょう(たきがたに)
京北赤石町(滝ケ谷)
けいほくあかいしちょう(とりがぐち)
京北赤石町(鳥ケ口)
けいほくあかいしちょう(とりだにこさこぐち)
京北赤石町(鳥谷小迫口)
けいほくあかいしちょう(なかたにのつぼ)
京北赤石町(中谷ノ坪)
けいほくあかいしちょう(にしべら)
京北赤石町(西箆)
けいほくあかいしちょう(ひがしべら)
京北赤石町(東箆)
けいほくあかいしちょう(やまべらのつぼ)
京北赤石町(山箆ノ坪)
けいほくあけしちょう
京北明石町
けいほくあけしちょう(あけしだに)
京北明石町(明石谷)
けいほくあけしちょう(いしみだに)
京北明石町(石見谷)
けいほくあけしちょう(しまづつみ)
京北明石町(島堤)
けいほくあけしちょう(しもめん)
京北明石町(下免)
けいほくあけしちょう(なかだい)
京北明石町(中代)
けいほくあけしちょう(なかやま)
京北明石町(中山)
けいほくあけしちょう(にしくぼ)
京北明石町(西久保)
けいほくあけしちょう(にしだい)
京北明石町(西代)
けいほくあけしちょう(はしした)
京北明石町(橋下)
けいほくあけしちょう(ひがしだい)
京北明石町(東代)
けいほくあけしちょう(みやした)
京北明石町(宮下)
けいほくあけしちょう(みやのたに)
京北明石町(宮ノ谷)
けいほくあざえちょう
京北浅江町
けいほくあざえちょう(うえだん)
京北浅江町(上ヱ段)
けいほくあざえちょう(えびがだに)
京北浅江町(夷ケ谷)
けいほくあざえちょう(かみこだに)
京北浅江町(神子谷)
けいほくあざえちょう(かわにし)
京北浅江町(川西)
けいほくあざえちょう(かわひがし)
京北浅江町(川東)
けいほくあざえちょう(きたがだに)
京北浅江町(北ケ谷)
けいほくあざえちょう(しもため)
京北浅江町(下タ目)
けいほくあざえちょう(たきだに)
京北浅江町(滝谷)
けいほくあざえちょう(でんのむかい)
京北浅江町(澱ノ向)
けいほくあざえちょう(なかさこだ)
京北浅江町(中迫田)
けいほくあざえちょう(なべたに)
京北浅江町(鍋谷)
けいほくあざえちょう(なわて)
京北浅江町(縄手)
けいほくあざえちょう(にしやま)
京北浅江町(西山)
けいほくあざえちょう(ひがしやま)
京北浅江町(東山)
けいほくあざえちょう(ひだかみ)
京北浅江町(日高見)
けいほくあざえちょう(ふるえびす)
京北浅江町(古夷)
けいほくあざえちょう(ふるさわだに)
京北浅江町(古沢谷)
けいほくあざえちょう(みょうけんだに)
京北浅江町(妙見谷)
けいほくいざきちょう
京北井崎町
けいほくいざきちょう(あたご)
京北井崎町(アタゴ)
けいほくいざきちょう(かみ)
京北井崎町(上)
けいほくいざきちょう(きたざと)
京北井崎町(北里)
けいほくいざきちょう(きたはた)
京北井崎町(北畑)
けいほくいざきちょう(こだに)
京北井崎町(小谷)
けいほくいざきちょう(さんたんだ)
京北井崎町(三反田)
けいほくいざきちょう(しがた)
京北井崎町(シガ田)
けいほくいざきちょう(しも)
京北井崎町(下)
けいほくいざきちょう(なか)
京北井崎町(中)
けいほくいざきちょう(ながたに)
京北井崎町(長谷)
けいほくいざきちょう(ひがしおおみち)
京北井崎町(東大道)
けいほくいざきちょう(ひがしさと)
京北井崎町(東里)
けいほくいざきちょう(ひがしなかみち)
京北井崎町(東中道)
けいほくいざきちょう(ひがしやま)
京北井崎町(東山)
けいほくいざきちょう(みなみはた)
京北井崎町(南畑)
けいほくいざきちょう(みやのした)
京北井崎町(宮ノ下)
けいほくいざきちょう(むかいなかみち)
京北井崎町(向中道)
けいほくいどちょう
京北井戸町
けいほくいどちょう(あまがいち)
京北井戸町(甘ケ市)
けいほくいどちょう(いちのたに)
京北井戸町(一ノ谷)
けいほくいどちょう(うえだい)
京北井戸町(上台)
けいほくいどちょう(うばがだに)
京北井戸町(姥ケ谷)
けいほくいどちょう(おおぐり)
京北井戸町(大栗)
けいほくいどちょう(おしおぐち)
京北井戸町(小塩口)
けいほくいどちょう(おりたに)
京北井戸町(折谷)
けいほくいどちょう(かさいわ)
京北井戸町(笠岩)
けいほくいどちょう(かすがの)
京北井戸町(春日野)
けいほくいどちょう(かみちょう)
京北井戸町(上町)
けいほくいどちょう(くるまがせ)
京北井戸町(車ケ瀬)
けいほくいどちょう(こそぶだに)
京北井戸町(小祖父谷)
けいほくいどちょう(さいかみ)
京北井戸町(才神)
けいほくいどちょう(しもだい)
京北井戸町(下台)
けいほくいどちょう(しんあまがいち)
京北井戸町(新甘ケ市)
けいほくいどちょう(そぼだに)
京北井戸町(祖母谷)
けいほくいどちょう(たかお)
京北井戸町(高尾)
けいほくいどちょう(たかはた)
京北井戸町(高畑)
けいほくいどちょう(たきさか)
京北井戸町(滝坂)
けいほくいどちょう(ちょうし)
京北井戸町(長子)
けいほくいどちょう(てらやま)
京北井戸町(寺山)
けいほくいどちょう(であい)
京北井戸町(出合)
けいほくいどちょう(ぬけたに)
京北井戸町(抜谷)
けいほくいどちょう(ふきがたに)
京北井戸町(吹ケ谷)
けいほくいどちょう(ほがたに)
京北井戸町(朴ケ谷)
けいほくいどちょう(ほとけぐち)
京北井戸町(佛口)
けいほくいどちょう(まくらがえし)
京北井戸町(枕返シ)
けいほくいどちょう(まつりのかみ)
京北井戸町(祭神)
けいほくいどちょう(まるやま)
京北井戸町(丸山)
けいほくいどちょう(みこがいち)
京北井戸町(神子ケ市)
けいほくいどちょう(みずのみ)
京北井戸町(水呑)
けいほくいどちょう(みなみだに)
京北井戸町(南谷)
けいほくいどちょう(みねやま)
京北井戸町(峯山)
けいほくいどちょう(やだに)
京北井戸町(矢谷)
けいほくいどちょう(やまだ)
京北井戸町(山田)
けいほくうのちょう
京北宇野町
けいほくうのちょう(いしばし)
京北宇野町(石橋)
けいほくうのちょう(うのだに)
京北宇野町(ウノ谷)
けいほくうのちょう(えぼし)
京北宇野町(ヱボシ)
けいほくうのちょう(おくなか)
京北宇野町(奥中)
けいほくうのちょう(くぼのはな)
京北宇野町(久保ノ鼻)
けいほくうのちょう(ささら)
京北宇野町(ササラ)
けいほくうのちょう(しもなわて)
京北宇野町(下縄手)
けいほくうのちょう(すぎなわて)
京北宇野町(杉縄手)
けいほくうのちょう(そうだに)
京北宇野町(惣谷)
けいほくうのちょう(たにのもと)
京北宇野町(谷ノ本)
けいほくうのちょう(なかうの)
京北宇野町(中宇野)
けいほくうのちょう(なかたに)
京北宇野町(中谷)
けいほくうのちょう(にし)
京北宇野町(西)
けいほくうのちょう(にしたに)
京北宇野町(西谷)
けいほくうのちょう(はっちょうだに)
京北宇野町(八丁谷)
けいほくうのちょう(はつかだに)
京北宇野町(廿谷)
けいほくうのちょう(ひがし)
京北宇野町(東)
けいほくうのちょう(ひがしたに)
京北宇野町(東谷)
けいほくうのちょう(ひろの)
京北宇野町(広野)
けいほくうのちょう(みなみのもと)
京北宇野町(南ノ本)
けいほくうのちょう(もちごえ)
京北宇野町(持越)
けいほくうるしたにちょう
京北漆谷町
けいほくうるしたにちょう(おおくら)
京北漆谷町(大蔵)
けいほくうるしたにちょう(かわにし)
京北漆谷町(川西)
けいほくうるしたにちょう(かわひがし)
京北漆谷町(川東)
けいほくうるしたにちょう(こしだ)
京北漆谷町(越田)
けいほくうるしたにちょう(さかいだに)
京北漆谷町(堺谷)
けいほくうるしたにちょう(しずくだに)
京北漆谷町(雫谷)
けいほくうるしたにちょう(たにきた)
京北漆谷町(谷北)
けいほくうるしたにちょう(なかじま)
京北漆谷町(中島)
けいほくうるしたにちょう(なげ)
京北漆谷町(投ゲ)
けいほくうるしたにちょう(にしの)
京北漆谷町(西野)
けいほくうるしたにちょう(ひがしの)
京北漆谷町(東野)
けいほくうるしたにちょう(ふたかわ)
京北漆谷町(二河)
けいほくうるしたにちょう(ふなざと)
京北漆谷町(船里)
けいほくうるしたにちょう(みなみだに)
京北漆谷町(南谷)
けいほくおおのちょう
京北大野町
けいほくおおのちょう(いいもり)
京北大野町(飯森)
けいほくおおのちょう(いいもんじがま)
京北大野町(飯文字釜)
けいほくおおのちょう(いどだに)
京北大野町(井戸谷)
けいほくおおのちょう(おおえご)
京北大野町(大回互)
けいほくおおのちょう(おくつき)
京北大野町(奥附)
けいほくおおのちょう(おぐら)
京北大野町(小倉)
けいほくおおのちょう(おのうち)
京北大野町(小野内)
けいほくおおのちょう(おのがいち)
京北大野町(小野ケ市)
けいほくおおのちょう(かげうら)
京北大野町(影裏)
けいほくおおのちょう(かさいわ)
京北大野町(笠岩)
けいほくおおのちょう(からと)
京北大野町(唐戸)
けいほくおおのちょう(かわひがし)
京北大野町(川東)
けいほくおおのちょう(しみず)
京北大野町(清水)
けいほくおおのちょう(しょうぶがえご)
京北大野町(菖蒲ケ回互)
けいほくおおのちょう(じこうど)
京北大野町(時杠渡)
けいほくおおのちょう(すのたに)
京北大野町(須ノ谷)
けいほくおおのちょう(たかだけ)
京北大野町(高嶽)
けいほくおおのちょう(たきだに)
京北大野町(滝谷)
けいほくおおのちょう(つのじり)
京北大野町(津ノ尻)
けいほくおおのちょう(つぼさか)
京北大野町(坪阪)
けいほくおおのちょう(であい)
京北大野町(出合)
けいほくおおのちょう(とうげ)
京北大野町(峠)
けいほくおおのちょう(ながいけ)
京北大野町(長池)
けいほくおおのちょう(なべくら)
京北大野町(鍋倉)
けいほくおおのちょう(にしみすみ)
京北大野町(西三角)
けいほくおおのちょう(はかせ)
京北大野町(博士)
けいほくおおのちょう(ひがしたにぐち)
京北大野町(東谷口)
けいほくおおのちょう(ひろはた)
京北大野町(廣畑)
けいほくおおのちょう(まさき)
京北大野町(正木)
けいほくおおのちょう(ますみず)
京北大野町(枡水)
けいほくおおのちょう(もりた)
京北大野町(森田)
けいほくおおのちょう(よこまくら)
京北大野町(横枕)
けいほくおしおちょう
京北小塩町
けいほくおしおちょう(いまい)
京北小塩町(今井)
けいほくおしおちょう(うえさか)
京北小塩町(上坂)
けいほくおしおちょう(うえの)
京北小塩町(上野)
けいほくおしおちょう(うつわ)
京北小塩町(宇津輪)
けいほくおしおちょう(えびす)
京北小塩町(恵美酒)
けいほくおしおちょう(さいかみ)
京北小塩町(才神)
けいほくおしおちょう(たなか)
京北小塩町(田中)
けいほくおしおちょう(なかあしたに)
京北小塩町(中足谷)
けいほくおしおちょう(にしたに)
京北小塩町(西谷)
けいほくおしおちょう(にしたにぐち)
京北小塩町(西谷口)
けいほくおしおちょう(にしふき)
京北小塩町(西附)
けいほくおしおちょう(ぬぐい)
京北小塩町(ヌグイ)
けいほくおしおちょう(はつかわぐち)
京北小塩町(初川口)
けいほくおしおちょう(ばばだに)
京北小塩町(馬場谷)
けいほくおしおちょう(ひがしつき)
京北小塩町(東附)
けいほくおしおちょう(ぼうの)
京北小塩町(坊野)
けいほくおしおちょう(まるやま)
京北小塩町(丸山)
けいほくおしおちょう(みずき)
京北小塩町(水木)
けいほくおしおちょう(もりわき)
京北小塩町(森脇)
けいほくかしわらちょう
京北柏原町
けいほくかしわらちょう(おおゆずき)
京北柏原町(大弓槻)
けいほくかしわらちょう(かわきた)
京北柏原町(川北)
けいほくかしわらちょう(かわみなみ)
京北柏原町(川南)
けいほくかしわらちょう(こうのだに)
京北柏原町(高野谷)
けいほくかしわらちょう(しもだに)
京北柏原町(下谷)
けいほくかしわらちょう(たかせ)
京北柏原町(高瀬)
けいほくかしわらちょう(にしたに)
京北柏原町(西谷)
けいほくかしわらちょう(はたがなか)
京北柏原町(畑ケ中)
けいほくかしわらちょう(はぶ)
京北柏原町(ハブ)
けいほくかしわらちょう(ひがしたに)
京北柏原町(東谷)
けいほくかしわらちょう(ふけ)
京北柏原町(フケ)
けいほくかしわらちょう(ふどう)
京北柏原町(不動)
けいほくかしわらちょう(ふゆさこ)
京北柏原町(冬サコ)
けいほくかしわらちょう(ほうき)
京北柏原町(保木)
けいほくかしわらちょう(みょうけん)
京北柏原町(妙見)
けいほくかしわらちょう(むかいやま)
京北柏原町(向山)
けいほくかしわらちょう(やまね)
京北柏原町(山根)
けいほくかたなみちょう
京北片波町
けいほくかたなみちょう(かつらがたにぐち)
京北片波町(桂ケ谷口)
けいほくかたなみちょう(こうじがわら)
京北片波町(小路川原)
けいほくかたなみちょう(なかお)
京北片波町(中尾)
けいほくかたなみちょう(にしべら)
京北片波町(西ベラ)
けいほくかたなみちょう(ひがしべら)
京北片波町(東ベラ)
けいほくかたなみちょう(ふろのもと)
京北片波町(風呂ノ本)
けいほくかたなみちょう(むこうはた)
京北片波町(向畑)
けいほくかたなみちょう(やましろだにぐち)
京北片波町(山城谷口)
けいほくかみくろだちょう
京北上黒田町
けいほくかみくろだちょう(いまぼり)
京北上黒田町(今堀)
けいほくかみくろだちょう(うえのう)
京北上黒田町(上農)
けいほくかみくろだちょう(おりたに)
京北上黒田町(折谷)
けいほくかみくろだちょう(かみかわら)
京北上黒田町(上河原)
けいほくかみくろだちょう(かみすいで)
京北上黒田町(上水出)
けいほくかみくろだちょう(かわま)
京北上黒田町(川間)
けいほくかみくろだちょう(きたはし)
京北上黒田町(北橋)
けいほくかみくろだちょう(くさはら)
京北上黒田町(草原)
けいほくかみくろだちょう(くらたに)
京北上黒田町(倉谷)
けいほくかみくろだちょう(こだに)
京北上黒田町(小谷)
けいほくかみくろだちょう(こやだに)
京北上黒田町(木屋谷)
けいほくかみくろだちょう(さわがたに)
京北上黒田町(沢ケ谷)
けいほくかみくろだちょう(すいで)
京北上黒田町(水出)
けいほくかみくろだちょう(すいの)
京北上黒田町(水野)
けいほくかみくろだちょう(たきさこ)
京北上黒田町(瀧坂)
けいほくかみくろだちょう(たけじ)
京北上黒田町(武地)
けいほくかみくろだちょう(たのしり)
京北上黒田町(田ノ尻)
けいほくかみくろだちょう(であい)
京北上黒田町(出合)
けいほくかみくろだちょう(なかがたに)
京北上黒田町(中ケ谷)
けいほくかみくろだちょう(なかにし)
京北上黒田町(仲西)
けいほくかみくろだちょう(ひがしたに)
京北上黒田町(東谷)
けいほくかみくろだちょう(ほんなか)
京北上黒田町(本仲)
けいほくかみくろだちょう(もりもと)
京北上黒田町(森本)
けいほくかみくろだちょう(やぶがさこ)
京北上黒田町(薮ケ坂)
けいほくかみくろだちょう(やましろだに)
京北上黒田町(山城谷)
けいほくかみくろだちょう(よしの)
京北上黒田町(吉野)
けいほくかみくろだちょう(わりさこ)
京北上黒田町(割坂)
けいほくかみなかちょう
京北上中町
けいほくかみなかちょう(いなだに)
京北上中町(稲谷)
けいほくかみなかちょう(いなり)
京北上中町(稲荷)
けいほくかみなかちょう(かみのやま)
京北上中町(上ノ山)
けいほくかみなかちょう(くぼだに)
京北上中町(久保谷)
けいほくかみなかちょう(くめんじょう)
京北上中町(九免状)
けいほくかみなかちょう(ししろぐち)
京北上中町(鹿路口)
けいほくかみなかちょう(じょうかまち)
京北上中町(城下町)
けいほくかみなかちょう(じんぐうじ)
京北上中町(神宮寺)
けいほくかみなかちょう(せいさつ)
京北上中町(制札)
けいほくかみなかちょう(せんだに)
京北上中町(千谷)
けいほくかみなかちょう(ちゅうどうじ)
京北上中町(中道寺)
けいほくかみなかちょう(つつえぐち)
京北上中町(筒江口)
けいほくかみなかちょう(とうみょうなわて)
京北上中町(燈明縄手)
けいほくかみなかちょう(なかのとおり)
京北上中町(中ノ通)
けいほくかみなかちょう(なわて)
京北上中町(縄手)
けいほくかみなかちょう(ねだに)
京北上中町(称谷)
けいほくかみなかちょう(ひがしみぞばた)
京北上中町(東溝端)
けいほくかみなかちょう(ひがしやま)
京北上中町(東山)
けいほくかみなかちょう(みやのした)
京北上中町(宮ノ下)
けいほくかみなかちょう(みやのたに)
京北上中町(宮ノ谷)
けいほくかみなかちょう(みやのまえ)
京北上中町(宮ノ前)
けいほくかみなかちょう(みやのもと)
京北上中町(宮ノ本)
けいほくかみゆげちょう
京北上弓削町
けいほくかみゆげちょう(あさひ)
京北上弓削町(朝日)
けいほくかみゆげちょう(あさひやま)
京北上弓削町(朝日山)
けいほくかみゆげちょう(あまつもと)
京北上弓削町(天津本)
けいほくかみゆげちょう(いわがはな)
京北上弓削町(岩ケ鼻)
けいほくかみゆげちょう(いんぎょだに)
京北上弓削町(隠魚谷)
けいほくかみゆげちょう(うえのだん)
京北上弓削町(上ノ段)
けいほくかみゆげちょう(うしこだに)
京北上弓削町(牛子谷)
けいほくかみゆげちょう(うのこ)
京北上弓削町(鵜子)
けいほくかみゆげちょう(うめのき)
京北上弓削町(梅ノ木)
けいほくかみゆげちょう(おおがや)
京北上弓削町(大我屋)
けいほくかみゆげちょう(おおさわ)
京北上弓削町(大沢)
けいほくかみゆげちょう(おおまえ)
京北上弓削町(大前)
けいほくかみゆげちょう(おかのさと)
京北上弓削町(岡ノ里)
けいほくかみゆげちょう(おかのもと)
京北上弓削町(岡ノ元)
けいほくかみゆげちょう(おくあさひ)
京北上弓削町(奥朝日)
けいほくかみゆげちょう(おくのした)
京北上弓削町(奥ノ下)
けいほくかみゆげちょう(おぐらたにぐち)
京北上弓削町(小倉谷口)
けいほくかみゆげちょう(おぐらだに)
京北上弓削町(小倉谷)
けいほくかみゆげちょう(おじかだに)
京北上弓削町(男鹿谷)
けいほくかみゆげちょう(かきもと)
京北上弓削町(柿本)
けいほくかみゆげちょう(かみいしうら)
京北上弓削町(上石浦)
けいほくかみゆげちょう(かみいちのだい)
京北上弓削町(上市ノ台)
けいほくかみゆげちょう(かみたにぐち)
京北上弓削町(上谷口)
けいほくかみゆげちょう(かみなつろ)
京北上弓削町(上夏路)
けいほくかみゆげちょう(かみにたんめ)
京北上弓削町(上二反目)
けいほくかみゆげちょう(かみのちょう)
京北上弓削町(上ノ町)
けいほくかみゆげちょう(かみのもと)
京北上弓削町(神ノ本)
けいほくかみゆげちょう(かもせ)
京北上弓削町(鴨瀬)
けいほくかみゆげちょう(かもはな)
京北上弓削町(鴨鼻)
けいほくかみゆげちょう(かわはら)
京北上弓削町(河原)
けいほくかみゆげちょう(かわら)
京北上弓削町(川原)
けいほくかみゆげちょう(きどぐち)
京北上弓削町(木戸口)
けいほくかみゆげちょう(きゃくろ)
京北上弓削町(客路)
けいほくかみゆげちょう(くちめめだに)
京北上弓削町(口米谷)
けいほくかみゆげちょう(くぼのもと)
京北上弓削町(久保ノ本)
けいほくかみゆげちょう(けんじょうだに)
京北上弓削町(見上谷)
けいほくかみゆげちょう(こささなわて)
京北上弓削町(小笹縄手)
けいほくかみゆげちょう(こしき)
京北上弓削町(越木)
けいほくかみゆげちょう(こぼたに)
京北上弓削町(小穂谷)
けいほくかみゆげちょう(こやのだん)
京北上弓削町(小屋段)
けいほくかみゆげちょう(さくらぎ)
京北上弓削町(櫻木)
けいほくかみゆげちょう(さくらまち)
京北上弓削町(櫻町)
けいほくかみゆげちょう(さこじり)
京北上弓削町(迫尻)
けいほくかみゆげちょう(ささかべたにぐち)
京北上弓削町(笹壁谷口)
けいほくかみゆげちょう(さわのしり)
京北上弓削町(沢ノ尻)
けいほくかみゆげちょう(しばはらだに)
京北上弓削町(芝原谷)
けいほくかみゆげちょう(しばはらだん)
京北上弓削町(柴原段)
けいほくかみゆげちょう(しもいしうら)
京北上弓削町(下石浦)
けいほくかみゆげちょう(しもいちのだい)
京北上弓削町(下市ノ台)
けいほくかみゆげちょう(しもたにぐち)
京北上弓削町(下谷口)
けいほくかみゆげちょう(しもなかすじ)
京北上弓削町(下中筋)
けいほくかみゆげちょう(しもなかのうえ)
京北上弓削町(下中ノ上)
けいほくかみゆげちょう(しもなつろ)
京北上弓削町(下夏路)
けいほくかみゆげちょう(しもにたんめ)
京北上弓削町(下二反目)
けいほくかみゆげちょう(しものちょう)
京北上弓削町(下ノ町)
けいほくかみゆげちょう(しもやまだ)
京北上弓削町(下山田)
けいほくかみゆげちょう(しらがだに)
京北上弓削町(白ケ谷)
けいほくかみゆげちょう(しらや)
京北上弓削町(白屋)
けいほくかみゆげちょう(しれだに)
京北上弓削町(シレ谷)
けいほくかみゆげちょう(しんさわ)
京北上弓削町(新沢)
けいほくかみゆげちょう(しんちだに)
京北上弓削町(新知谷)
けいほくかみゆげちょう(すのこ)
京北上弓削町(スノコ)
けいほくかみゆげちょう(すのこばし)
京北上弓削町(スノコバシ)
けいほくかみゆげちょう(すんでん)
京北上弓削町(寸田)
けいほくかみゆげちょう(せんだにぐち)
京北上弓削町(千谷口)
けいほくかみゆげちょう(そうとめ)
京北上弓削町(五月女)
けいほくかみゆげちょう(たかやまのした)
京北上弓削町(高山ノ下)
けいほくかみゆげちょう(たにだぐち)
京北上弓削町(谷田口)
けいほくかみゆげちょう(だん)
京北上弓削町(段)
けいほくかみゆげちょう(だんじょう)
京北上弓削町(弾正)
けいほくかみゆげちょう(だんじょうのした)
京北上弓削町(段上ノ下)
けいほくかみゆげちょう(つつえ)
京北上弓削町(筒江)
けいほくかみゆげちょう(とちはた)
京北上弓削町(栃畑)
けいほくかみゆげちょう(とちはら)
京北上弓削町(栃原)
けいほくかみゆげちょう(とちもと)
京北上弓削町(栃本)
けいほくかみゆげちょう(どうがだに)
京北上弓削町(堂ケ谷)
けいほくかみゆげちょう(どうじやま)
京北上弓削町(童子山)
けいほくかみゆげちょう(なかくぼ)
京北上弓削町(中久保)
けいほくかみゆげちょう(なかすじ)
京北上弓削町(中筋)
けいほくかみゆげちょう(なかのちょう)
京北上弓削町(中ノ町)
けいほくかみゆげちょう(ながつか)
京北上弓削町(長塚)
けいほくかみゆげちょう(なわて)
京北上弓削町(縄手)
けいほくかみゆげちょう(にしさわ)
京北上弓削町(西沢)
けいほくかみゆげちょう(にしたに)
京北上弓削町(西谷)
けいほくかみゆげちょう(にしちだに)
京北上弓削町(西知谷)
けいほくかみゆげちょう(にしちょうじだに)
京北上弓削町(西丁子谷)
けいほくかみゆげちょう(にしなかすじ)
京北上弓削町(西中筋)
けいほくかみゆげちょう(にしめめだに)
京北上弓削町(西米谷)
けいほくかみゆげちょう(にしやまのした)
京北上弓削町(西山ノ下)
けいほくかみゆげちょう(にたんめ)
京北上弓削町(二反目)
けいほくかみゆげちょう(のがみ)
京北上弓削町(野上)
けいほくかみゆげちょう(はたのした)
京北上弓削町(畑ノ下)
けいほくかみゆげちょう(はっちょうやま)
京北上弓削町(八丁山)
けいほくかみゆげちょう(はつた)
京北上弓削町(初田)
けいほくかみゆげちょう(はらやま)
京北上弓削町(原山)
けいほくかみゆげちょう(ひがしさわ)
京北上弓削町(東沢)
けいほくかみゆげちょう(ひがしたにもり)
京北上弓削町(東谷森)
けいほくかみゆげちょう(ひがしちだに)
京北上弓削町(東知谷)
けいほくかみゆげちょう(ひがしちょうじだに)
京北上弓削町(東丁子谷)
けいほくかみゆげちょう(ひがしなかすじ)
京北上弓削町(東中筋)
けいほくかみゆげちょう(ひがしむかいだに)
京北上弓削町(東向谷)
けいほくかみゆげちょう(ひがしめめだに)
京北上弓削町(東米谷)
けいほくかみゆげちょう(ひのきだにぐち)
京北上弓削町(桧谷口)
けいほくかみゆげちょう(みずふねだに)
京北上弓削町(水舟谷)
けいほくかみゆげちょう(みぞじり)
京北上弓削町(溝尻)
けいほくかみゆげちょう(みなみがわ)
京北上弓削町(南側)
けいほくかみゆげちょう(みなみそだに)
京北上弓削町(皆味曾谷)
けいほくかみゆげちょう(みやのした)
京北上弓削町(宮ノ下)
けいほくかみゆげちょう(みやのもと)
京北上弓削町(宮ノ本)
けいほくかみゆげちょう(むかいがわら)
京北上弓削町(向川原)
けいほくかみゆげちょう(むかいだに)
京北上弓削町(向谷)
けいほくかみゆげちょう(むかいやまだ)
京北上弓削町(向山田)
けいほくかみゆげちょう(めめだにしものたに)
京北上弓削町(米谷下ノ谷)
けいほくかみゆげちょう(もりぐち)
京北上弓削町(森口)
けいほくかみゆげちょう(もりふだかみだに)
京北上弓削町(森札上谷)
けいほくかみゆげちょう(もりもと)
京北上弓削町(盛本)
けいほくかみゆげちょう(やなぎだ)
京北上弓削町(柳田)
けいほくかみゆげちょう(やまばな)
京北上弓削町(山鼻)
けいほくかみゆげちょう(やまもとのした)
京北上弓削町(山本ノ下)
けいほくかみゆげちょう(ゆりのした)
京北上弓削町(油利ノ下)
けいほくかみゆげちょう(ゆりのした)
京北上弓削町(百合ノ下)
けいほくかみゆげちょう(ゆりのはな)
京北上弓削町(百合ノ鼻)
けいほくかみゆげちょう(よこまくら)
京北上弓削町(横枕)
けいほくかみゆげちょう(よねつ)
京北上弓削町(米津)
けいほくかみゆげちょう(わきだに)
京北上弓削町(脇谷)
けいほくくまたちょう
京北熊田町
けいほくくまたちょう(あまがだけ)
京北熊田町(雨ケ岳)
けいほくくまたちょう(いねだに)
京北熊田町(稲谷)
けいほくくまたちょう(うめのきだに)
京北熊田町(梅ノ木谷)
けいほくくまたちょう(おおさこ)
京北熊田町(大迫)
けいほくくまたちょう(おおふじ)
京北熊田町(大藤)
けいほくくまたちょう(おくやまぐち)
京北熊田町(奥山口)
けいほくくまたちょう(おだはらだに)
京北熊田町(小田原谷)
けいほくくまたちょう(きどがたに)
京北熊田町(木戸ケ谷)
けいほくくまたちょう(ささはらとうげ)
京北熊田町(笹原峠)
けいほくくまたちょう(しとおりだ)
京北熊田町(四通り田)
けいほくくまたちょう(しょうぶだに)
京北熊田町(勝負谷)
けいほくくまたちょう(しらくさのした)
京北熊田町(白草ノシタ)
けいほくくまたちょう(しんでん)
京北熊田町(新田)
けいほくくまたちょう(ぜんかぼう)
京北熊田町(善花坊)
けいほくくまたちょう(たかたに)
京北熊田町(高谷)
けいほくくまたちょう(なわてのした)
京北熊田町(縄手ノ下)
けいほくくまたちょう(にしたに)
京北熊田町(西谷)
けいほくくまたちょう(ひがしたに)
京北熊田町(東谷)
けいほくくまたちょう(ひがしのもと)
京北熊田町(東ノ本)
けいほくくまたちょう(ひろの)
京北熊田町(廣野)
けいほくくまたちょう(ふけ)
京北熊田町(深毛)
けいほくくまたちょう(ぼう)
京北熊田町(坊)
けいほくくまたちょう(ぼうのした)
京北熊田町(坊ノシタ)
けいほくくまたちょう(まつがした)
京北熊田町(松ケ下)
けいほくくまたちょう(みやのまえ)
京北熊田町(宮ノ前)
けいほくくまたちょう(やだにおく)
京北熊田町(矢谷奥)
けいほくくまたちょう(やだにぐち)
京北熊田町(矢谷口)
けいほくくまたちょう(やまぶしのもと)
京北熊田町(山伏ノ本)
けいほくごほんまつちょう
京北五本松町
けいほくごほんまつちょう(いねだに)
京北五本松町(稲谷)
けいほくごほんまつちょう(いねだにぐち)
京北五本松町(稲谷口)
けいほくごほんまつちょう(うちがわら)
京北五本松町(内川原)
けいほくごほんまつちょう(かきうち)
京北五本松町(垣内)
けいほくごほんまつちょう(かみがわら)
京北五本松町(上川原)
けいほくごほんまつちょう(かみやつらだ)
京北五本松町(上八面田)
けいほくごほんまつちょう(きた)
京北五本松町(北)
けいほくごほんまつちょう(しもがわら)
京北五本松町(下川原)
けいほくごほんまつちょう(しもざと)
京北五本松町(下里)
けいほくごほんまつちょう(しもやつらだ)
京北五本松町(下八面田)
けいほくごほんまつちょう(しんいねだにぐち)
京北五本松町(新稲谷口)
けいほくごほんまつちょう(せばと)
京北五本松町(セバト)
けいほくごほんまつちょう(せばとぐち)
京北五本松町(セバト口)
けいほくごほんまつちょう(たつぶり)
京北五本松町(辰振)
けいほくごほんまつちょう(なかいながわら)
京北五本松町(中稲川原)
けいほくごほんまつちょう(なかざと)
京北五本松町(中里)
けいほくごほんまつちょう(にしいながわら)
京北五本松町(西稲川原)
けいほくごほんまつちょう(にしやま)
京北五本松町(西山)
けいほくごほんまつちょう(ひがしざと)
京北五本松町(東里)
けいほくごほんまつちょう(ひがしやま)
京北五本松町(東山)
けいほくごほんまつちょう(ひらたに)
京北五本松町(平谷)
けいほくごほんまつちょう(よしたに)
京北五本松町(吉谷)
けいほくしおたちょう
京北塩田町
けいほくしおたちょう(うちしおた)
京北塩田町(内塩田)
けいほくしおたちょう(えのきまち)
京北塩田町(榎町)
けいほくしおたちょう(くらのもと)
京北塩田町(藏ノ本)
けいほくしおたちょう(げんじろうがわら)
京北塩田町(源次郎川原)
けいほくしおたちょう(しおた)
京北塩田町(塩田)
けいほくしおたちょう(しのかわら)
京北塩田町(椎ノ川原)
けいほくしおたちょう(しんうちしおた)
京北塩田町(新内塩田)
けいほくしおたちょう(しんひがししおた)
京北塩田町(新東塩田)
けいほくしおたちょう(たかはた)
京北塩田町(高畑)
けいほくしおたちょう(てらのまえ)
京北塩田町(寺ノ前)
けいほくしおたちょう(ななまちだ)
京北塩田町(七町田)
けいほくしおたちょう(にしやま)
京北塩田町(西山)
けいほくしおたちょう(むかいだ)
京北塩田町(迎田)
けいほくしおたちょう(やしきばた)
京北塩田町(屋敷畑)
けいほくしおたちょう(やだにまえ)
京北塩田町(矢谷前)
けいほくしおたちょう(やまのかみまえ)
京北塩田町(山神前)
けいほくしつたんちょう
京北室谷町
けいほくしつたんちょう(しものきり)
京北室谷町(下ノ切)
けいほくしつたんちょう(なかのきり)
京北室谷町(中ノ切)
けいほくしつたんちょう(にしきた)
京北室谷町(西北)
けいほくしつたんちょう(ひがしみなみ)
京北室谷町(東南)
けいほくしつたんちょう(ふるえ)
京北室谷町(フルヱ)
けいほくしつたんちょう(むろち)
京北室谷町(室地)
けいほくしもうつちょう
京北下宇津町
けいほくしもうつちょう(いけたに)
京北下宇津町(池谷)
けいほくしもうつちょう(うきがたに)
京北下宇津町(浮ケ谷)
けいほくしもうつちょう(えだたに)
京北下宇津町(枝谷)
けいほくしもうつちょう(おおはた)
京北下宇津町(大畑)
けいほくしもうつちょう(おおひら)
京北下宇津町(大平)
けいほくしもうつちょう(おおむかいやま)
京北下宇津町(大向山)
けいほくしもうつちょう(おおやま)
京北下宇津町(大山)
けいほくしもうつちょう(おくがわら)
京北下宇津町(奥川原)
けいほくしもうつちょう(かみ)
京北下宇津町(上)
けいほくしもうつちょう(かわしも)
京北下宇津町(川下)
けいほくしもうつちょう(さくらのつぼ)
京北下宇津町(櫻ノ坪)
けいほくしもうつちょう(しも)
京北下宇津町(下)
けいほくしもうつちょう(しょうのたに)
京北下宇津町(庄ノ谷)
けいほくしもうつちょう(たかたに)
京北下宇津町(高谷)
けいほくしもうつちょう(たのたに)
京北下宇津町(田ノ谷)
けいほくしもうつちょう(てらのした)
京北下宇津町(寺ノ下)
けいほくしもうつちょう(とののたに)
京北下宇津町(殿ノ谷)
けいほくしもうつちょう(とぼり)
京北下宇津町(戸堀)
けいほくしもうつちょう(なか)
京北下宇津町(中)
けいほくしもうつちょう(なかがいち)
京北下宇津町(中街内)
けいほくしもうつちょう(にしがいち)
京北下宇津町(西街内)
けいほくしもうつちょう(ひがしがいち)
京北下宇津町(東街内)
けいほくしもうつちょう(ひがしばた)
京北下宇津町(東畑)
けいほくしもうつちょう(ひとのお)
京北下宇津町(人ノ尾)
けいほくしもうつちょう(まえだ)
京北下宇津町(前田)
けいほくしもうつちょう(みこんたに)
京北下宇津町(神子谷)
けいほくしもうつちょう(みやのした)
京北下宇津町(宮ノ下)
けいほくしもうつちょう(むかいのう)
京北下宇津町(向農)
けいほくしもうつちょう(むかいやま)
京北下宇津町(向ヒ山)
けいほくしもうつちょう(わきだに)
京北下宇津町(脇谷)
けいほくしもくまたちょう
京北下熊田町
けいほくしもくまたちょう(あけしだに)
京北下熊田町(明石谷)
けいほくしもくまたちょう(いけのだに)
京北下熊田町(池ノ谷)
けいほくしもくまたちょう(いしがたに)
京北下熊田町(石ケ谷)
けいほくしもくまたちょう(いまとうげ)
京北下熊田町(今峠)
けいほくしもくまたちょう(いわがたに)
京北下熊田町(岩ケ谷)
けいほくしもくまたちょう(いわがつぼ)
京北下熊田町(岩ケ坪)
けいほくしもくまたちょう(いわだて)
京北下熊田町(岩楯)
けいほくしもくまたちょう(いわのおく)
京北下熊田町(岩ノ奥)
けいほくしもくまたちょう(うえさわ)
京北下熊田町(上沢)
けいほくしもくまたちょう(うおたに)
京北下熊田町(魚谷)
けいほくしもくまたちょう(うおたにぐち)
京北下熊田町(魚谷口)
けいほくしもくまたちょう(おおいわがたに)
京北下熊田町(大岩ケ谷)
けいほくしもくまたちょう(おおさこ)
京北下熊田町(大迫)
けいほくしもくまたちょう(おかのふち)
京北下熊田町(岡ノ渕)
けいほくしもくまたちょう(かにがさこ)
京北下熊田町(蟹ケ迫)
けいほくしもくまたちょう(かやのだに)
京北下熊田町(萱ノ谷)
けいほくしもくまたちょう(きたんだ)
京北下熊田町(木短田)
けいほくしもくまたちょう(くちたに)
京北下熊田町(口谷)
けいほくしもくまたちょう(くろお)
京北下熊田町(黒尾)
けいほくしもくまたちょう(ぐみのきさこ)
京北下熊田町(グミノ木迫)
けいほくしもくまたちょう(こいわがたに)
京北下熊田町(小岩ケ谷)
けいほくしもくまたちょう(こやまだわ)
京北下熊田町(小山田輪)
けいほくしもくまたちょう(ごれいのまえ)
京北下熊田町(御霊ノ前)
けいほくしもくまたちょう(さかはらなかのたに)
京北下熊田町(坂原中ノ谷)
けいほくしもくまたちょう(ざとうだに)
京北下熊田町(座頭谷)
けいほくしもくまたちょう(しみずやま)
京北下熊田町(清水山)
けいほくしもくまたちょう(すぎのたに)
京北下熊田町(杉ノ谷)
けいほくしもくまたちょう(とうげしょうぶだに)
京北下熊田町(峠菖蒲谷)
けいほくしもくまたちょう(なかだいら)
京北下熊田町(中平)
けいほくしもくまたちょう(なべたに)
京北下熊田町(鍋谷)
けいほくしもくまたちょう(にしだいら)
京北下熊田町(西平)
けいほくしもくまたちょう(ひがしたに)
京北下熊田町(東谷)
けいほくしもくまたちょう(ひがしたん)
京北下熊田町(東旦)
けいほくしもくまたちょう(ひがしだいら)
京北下熊田町(東平)
けいほくしもくまたちょう(ふけ)
京北下熊田町(泓ケ)
けいほくしもくまたちょう(ふるさわとうげ)
京北下熊田町(古沢峠)
けいほくしもくまたちょう(ほいだに)
京北下熊田町(保井谷)
けいほくしもくまたちょう(ほとけだに)
京北下熊田町(佛谷)
けいほくしもくまたちょう(まえだだに)
京北下熊田町(前田谷)
けいほくしもくまたちょう(まるやま)
京北下熊田町(丸山)
けいほくしもくまたちょう(みなみ)
京北下熊田町(南)
けいほくしもくまたちょう(みなみだいら)
京北下熊田町(南平)
けいほくしもくまたちょう(みなみだに)
京北下熊田町(南谷)
けいほくしもくまたちょう(みやのまえ)
京北下熊田町(宮ノ前)
けいほくしもくまたちょう(みょうけんだに)
京北下熊田町(妙見谷)
けいほくしもくまたちょう(やぶのした)
京北下熊田町(薮ノ下)
けいほくしもくろだちょう
京北下黒田町
けいほくしもくろだちょう(いのはな)
京北下黒田町(井花)
けいほくしもくろだちょう(いのはなだに)
京北下黒田町(井花谷)
けいほくしもくろだちょう(かけお)
京北下黒田町(掛尾)
けいほくしもくろだちょう(こうじたに)
京北下黒田町(小路谷)
けいほくしもくろだちょう(この)
京北下黒田町(小野)
けいほくしもくろだちょう(しおの)
京北下黒田町(塩野)
けいほくしもくろだちょう(しょうず)
京北下黒田町(清水)
けいほくしもくろだちょう(じゃぬけだに)
京北下黒田町(蛇抜谷)
けいほくしもくろだちょう(するがだに)
京北下黒田町(駿河谷)
けいほくしもくろだちょう(つのだに)
京北下黒田町(津ノ谷)
けいほくしもくろだちょう(つるの)
京北下黒田町(鶴野)
けいほくしもくろだちょう(なかやま)
京北下黒田町(中山)
けいほくしもくろだちょう(のやま)
京北下黒田町(野山)
けいほくしもくろだちょう(ひがしたに)
京北下黒田町(東谷)
けいほくしもくろだちょう(びしゃこの)
京北下黒田町(飛社小野)
けいほくしもくろだちょう(びしゃの)
京北下黒田町(飛社野)
けいほくしもくろだちょう(ふきだに)
京北下黒田町(蕗谷)
けいほくしもくろだちょう(やじろ)
京北下黒田町(矢代)
けいほくしもちょう
京北下町
けいほくしもちょう(いしやま)
京北下町(石山)
けいほくしもちょう(いわのかみ)
京北下町(岩ノ上)
けいほくしもちょう(いわのもと)
京北下町(岩ノ元)
けいほくしもちょう(えじり)
京北下町(江尻)
けいほくしもちょう(おどりじょう)
京北下町(踊所)
けいほくしもちょう(おりたに)
京北下町(折谷)
けいほくしもちょう(かまぐちだにやまだ)
京北下町(釜口谷山田)
けいほくしもちょう(かみがいち)
京北下町(上ケ市)
けいほくしもちょう(かやの)
京北下町(萱野)
けいほくしもちょう(かわばた)
京北下町(川端)
けいほくしもちょう(こきのやま)
京北下町(姑棄野山)
けいほくしもちょう(しまざき)
京北下町(島崎)
けいほくしもちょう(しみずじり)
京北下町(清水尻)
けいほくしもちょう(じょうがだに)
京北下町(丈ケ谷)
けいほくしもちょう(たかの)
京北下町(高野)
けいほくしもちょう(たつがせ)
京北下町(竜ケ瀬)
けいほくしもちょう(たにがわじり)
京北下町(谷川尻)
けいほくしもちょう(とのはしのもと)
京北下町(殿橋ノ元)
けいほくしもちょう(ののかみ)
京北下町(野ノ上)
けいほくしもちょう(はたがたに)
京北下町(畑ケ谷)
けいほくしもちょう(はたの)
京北下町(畑野)
けいほくしもちょう(ばばだに)
京北下町(馬場谷)
けいほくしもちょう(びしやもんだに)
京北下町(昆沙門谷)
けいほくしもちょう(ふじわら)
京北下町(藤原)
けいほくしもちょう(ふじわらだい)
京北下町(藤原台)
けいほくしもちょう(ふなさか)
京北下町(船坂)
けいほくしもちょう(ほそたにやまだ)
京北下町(細谷山田)
けいほくしもちょう(ほそみ)
京北下町(細見)
けいほくしもちょう(もりがつぼ)
京北下町(森ケ坪)
けいほくしもちょう(もりわき)
京北下町(森脇)
けいほくしもちょう(やまつくり)
京北下町(山作り)
けいほくしもちょう(やまのはな)
京北下町(山ノ鼻)
けいほくしもなかちょう
京北下中町
けいほくしもなかちょう(あかだ)
京北下中町(赤田)
けいほくしもなかちょう(かきのきどおり)
京北下中町(柿木通)
けいほくしもなかちょう(かつやまだ)
京北下中町(勝山田)
けいほくしもなかちょう(かもせ)
京北下中町(鴨瀬)
けいほくしもなかちょう(かわらだ)
京北下中町(河原田)
けいほくしもなかちょう(きょうでん)
京北下中町(経田)
けいほくしもなかちょう(こさつば)
京北下中町(古札場)
けいほくしもなかちょう(しばざき)
京北下中町(芝崎)
けいほくしもなかちょう(しもがわら)
京北下中町(下河原)
けいほくしもなかちょう(しょうばんだ)
京北下中町(相伴田)
けいほくしもなかちょう(しんあかだ)
京北下中町(新赤田)
けいほくしもなかちょう(しんかきのき)
京北下中町(新柿ノ木)
けいほくしもなかちょう(しんさくら)
京北下中町(新桜)
けいほくしもなかちょう(しんしょうばんだ)
京北下中町(新相伴田)
けいほくしもなかちょう(しんななまちだ)
京北下中町(新七町田)
けいほくしもなかちょう(しんにしいしはら)
京北下中町(新西石原)
けいほくしもなかちょう(しんまちだ)
京北下中町(新町田)
けいほくしもなかちょう(しんみぞじり)
京北下中町(新溝尻)
けいほくしもなかちょう(しんやただ)
京北下中町(新ヤタ田)
けいほくしもなかちょう(せんだに)
京北下中町(千谷)
けいほくしもなかちょう(ちじん)
京北下中町(地神)
けいほくしもなかちょう(てらのした)
京北下中町(寺ノ下)
けいほくしもなかちょう(とりだに)
京北下中町(鳥谷)
けいほくしもなかちょう(ななまちだ)
京北下中町(七町田)
けいほくしもなかちょう(にしいしはら)
京北下中町(西石原)
けいほくしもなかちょう(にしおおたに)
京北下中町(西大谷)
けいほくしもなかちょう(にしかみのやま)
京北下中町(西上ノ山)
けいほくしもなかちょう(はやさこ)
京北下中町(早迫)
けいほくしもなかちょう(ひがしいしはら)
京北下中町(東石原)
けいほくしもなかちょう(ひがしおおたに)
京北下中町(東大谷)
けいほくしもなかちょう(ひがしかみのやま)
京北下中町(東上ノ山)
けいほくしもなかちょう(まちだ)
京北下中町(町田)
けいほくしもなかちょう(もよし)
京北下中町(茂由)
けいほくしもゆげちょう
京北下弓削町
けいほくしもゆげちょう(いのした)
京北下弓削町(井下)
けいほくしもゆげちょう(おくやま)
京北下弓削町(奥山)
けいほくしもゆげちょう(かぐらでん)
京北下弓削町(神楽田)
けいほくしもゆげちょう(かけあがり)
京北下弓削町(掛上り)
けいほくしもゆげちょう(かけくち)
京北下弓削町(欠口)
けいほくしもゆげちょう(かつやま)
京北下弓削町(勝山)
けいほくしもゆげちょう(かなや)
京北下弓削町(金屋)
けいほくしもゆげちょう(かまがわら)
京北下弓削町(鎌川原)
けいほくしもゆげちょう(かみかきうち)
京北下弓削町(上垣内)
けいほくしもゆげちょう(かわなべ)
京北下弓削町(川ナ辺)
けいほくしもゆげちょう(くばな)
京北下弓削町(久バナ)
けいほくしもゆげちょう(さわ)
京北下弓削町(沢)
けいほくしもゆげちょう(さわのおく)
京北下弓削町(沢ノ奥)
けいほくしもゆげちょう(しもかきうち)
京北下弓削町(下垣内)
けいほくしもゆげちょう(しもがわら)
京北下弓削町(下川原)
けいほくしもゆげちょう(しんやだにまえ)
京北下弓削町(新矢谷前)
けいほくしもゆげちょう(すぎもり)
京北下弓削町(杉森)
けいほくしもゆげちょう(すざき)
京北下弓削町(洲崎)
けいほくしもゆげちょう(せいた)
京北下弓削町(清田)
けいほくしもゆげちょう(つじのかみ)
京北下弓削町(辻ノ上)
けいほくしもゆげちょう(つじのした)
京北下弓削町(辻ノ下)
けいほくしもゆげちょう(つじのもと)
京北下弓削町(辻ノ元)
けいほくしもゆげちょう(であい)
京北下弓削町(出合)
けいほくしもゆげちょう(なかかきうち)
京北下弓削町(中垣内)
けいほくしもゆげちょう(なかがわら)
京北下弓削町(中川原)
けいほくしもゆげちょう(なかのもと)
京北下弓削町(中ノ元)
けいほくしもゆげちょう(なるたき)
京北下弓削町(鳴滝)
けいほくしもゆげちょう(にしうら)
京北下弓削町(西浦)
けいほくしもゆげちょう(にしざくら)
京北下弓削町(西櫻)
けいほくしもゆげちょう(にしみぞ)
京北下弓削町(西溝)
けいほくしもゆげちょう(にたんどおり)
京北下弓削町(二反通)
けいほくしもゆげちょう(はざまだに)
京北下弓削町(狭間谷)
けいほくしもゆげちょう(はざまだにぐち)
京北下弓削町(狭間谷口)
けいほくしもゆげちょう(ひがしよこみぞ)
京北下弓削町(東横溝)
けいほくしもゆげちょう(まち)
京北下弓削町(町チ)
けいほくしもゆげちょう(まちした)
京北下弓削町(町下)
けいほくしもゆげちょう(まちだ)
京北下弓削町(町田)
けいほくしもゆげちょう(みやがわ)
京北下弓削町(宮川)
けいほくしもゆげちょう(みょうじんがわら)
京北下弓削町(明神川原)
けいほくしもゆげちょう(やだに)
京北下弓削町(矢谷)
けいほくしもゆげちょう(やだにおく)
京北下弓削町(矢谷奥)
けいほくしゅうざんちょう
京北周山町
けいほくしゅうざんちょう(あけがいち)
京北周山町(明ケ市)
けいほくしゅうざんちょう(あちらだに)
京北周山町(アチラ谷)
けいほくしゅうざんちょう(あやのもり)
京北周山町(綾ノ森)
けいほくしゅうざんちょう(いのたに)
京北周山町(猪ノ谷)
けいほくしゅうざんちょう(いわがたに)
京北周山町(岩ケ谷)
けいほくしゅうざんちょう(いんだに)
京北周山町(隠谷)
けいほくしゅうざんちょう(うえうえだい)
京北周山町(上植代)
けいほくしゅうざんちょう(うえがいち)
京北周山町(上ケ市)
けいほくしゅうざんちょう(うえだい)
京北周山町(上代)
けいほくしゅうざんちょう(うえのだん)
京北周山町(上ノ段)
けいほくしゅうざんちょう(うおがふち)
京北周山町(魚ケ渕)
けいほくしゅうざんちょう(うだきだに)
京北周山町(卯瀧谷)
けいほくしゅうざんちょう(おおた)
京北周山町(太田)
けいほくしゅうざんちょう(おおとし)
京北周山町(太年)
けいほくしゅうざんちょう(おおなる)
京北周山町(大鳴)
けいほくしゅうざんちょう(おおやま)
京北周山町(大山)
けいほくしゅうざんちょう(おくのどう)
京北周山町(奥ノ堂)
けいほくしゅうざんちょう(かばた)
京北周山町(河端)
けいほくしゅうざんちょう(かみおおた)
京北周山町(上太田)
けいほくしゅうざんちょう(かみてらだ)
京北周山町(上寺田)
けいほくしゅうざんちょう(きょうづか)
京北周山町(経塚)
けいほくしゅうざんちょう(くりおだに)
京北周山町(栗尾谷)
けいほくしゅうざんちょう(こうろだに)
京北周山町(河原谷)
けいほくしゅうざんちょう(こやなぎ)
京北周山町(小柳)
けいほくしゅうざんちょう(しもいわがたに)
京北周山町(下岩ケ谷)
けいほくしゅうざんちょう(しもおおた)
京北周山町(下太田)
けいほくしゅうざんちょう(しもがいち)
京北周山町(下ケ市)
けいほくしゅうざんちょう(しもだい)
京北周山町(下台)
けいほくしゅうざんちょう(しもてらだ)
京北周山町(下寺田)
けいほくしゅうざんちょう(しろやま)
京北周山町(城山)
けいほくしゅうざんちょう(すぎがたに)
京北周山町(杉ケ谷)
けいほくしゅうざんちょう(たかなし)
京北周山町(高梨子)
けいほくしゅうざんちょう(たつぶり)
京北周山町(タツブリ)
けいほくしゅうざんちょう(だいら)
京北周山町(ダイラ)
けいほくしゅうざんちょう(なかがいち)
京北周山町(中ケ市)
けいほくしゅうざんちょう(なかじま)
京北周山町(中嶋)
けいほくしゅうざんちょう(なかやま)
京北周山町(中山)
けいほくしゅうざんちょう(ながしだ)
京北周山町(流田)
けいほくしゅうざんちょう(ながたに)
京北周山町(長谷)
けいほくしゅうざんちょう(にしちょうだ)
京北周山町(西丁田)
けいほくしゅうざんちょう(ばばせ)
京北周山町(馬場瀬)
けいほくしゅうざんちょう(ひがしちょうだ)
京北周山町(東丁田)
けいほくしゅうざんちょう(ひがしやま)
京北周山町(東山)
けいほくしゅうざんちょう(ひゃくのすみ)
京北周山町(百ノ角)
けいほくしゅうざんちょう(ふけ)
京北周山町(フケ)
けいほくしゅうざんちょう(ふけ)
京北周山町(泓)
けいほくしゅうざんちょう(ふちのかみ)
京北周山町(渕ノ上)
けいほくしゅうざんちょう(ふろだに)
京北周山町(風呂谷)
けいほくしゅうざんちょう(みやのした)
京北周山町(宮ノ下)
けいほくしゅうざんちょう(むろたに)
京北周山町(室谷)
けいほくしゅうざんちょう(めがの)
京北周山町(女ケ野)
けいほくしゅうざんちょう(もりのした)
京北周山町(森ノ下)
けいほくしゅうざんちょう(やまきは)
京北周山町(山キハ)
けいほくせりょうちょう
京北芹生町
けいほくせりょうちょう(あれた)
京北芹生町(アレ田)
けいほくせりょうちょう(いざなみ)
京北芹生町(イザナミ)
けいほくせりょうちょう(いちょうゆり)
京北芹生町(伊長由利)
けいほくせりょうちょう(おおはた)
京北芹生町(大畠)
けいほくせりょうちょう(おおひろだに)
京北芹生町(大廣谷)
けいほくせりょうちょう(かわかみ)
京北芹生町(川上)
けいほくせりょうちょう(すぎたに)
京北芹生町(杉谷)
けいほくせりょうちょう(せりょう)
京北芹生町(芹生)
けいほくせりょうちょう(せりょうだに)
京北芹生町(芹生谷)
けいほくせりょうちょう(ぜにだに)
京北芹生町(銭谷)
けいほくせりょうちょう(たきのかた)
京北芹生町(滝ノ片)
けいほくせりょうちょう(にしかわかみ)
京北芹生町(西川上)
けいほくせりょうちょう(やけやま)
京北芹生町(焼ケ山)
けいほくたぬきちょう
京北田貫町
けいほくたぬきちょう(あかしぐち)
京北田貫町(赤石口)
けいほくたぬきちょう(あしたに)
京北田貫町(足谷)
けいほくたぬきちょう(あらき)
京北田貫町(アラキ)
けいほくたぬきちょう(いかみだに)
京北田貫町(イカミ谷)
けいほくたぬきちょう(いわたに)
京北田貫町(岩谷)
けいほくたぬきちょう(かしだに)
京北田貫町(カシ谷)
けいほくたぬきちょう(かしみだに)
京北田貫町(樫見谷)
けいほくたぬきちょう(かみしんでん)
京北田貫町(上新田)
けいほくたぬきちょう(かわなべ)
京北田貫町(川ナベ)
けいほくたぬきちょう(きたべら)
京北田貫町(北箆)
けいほくたぬきちょう(こまだに)
京北田貫町(駒谷)
けいほくたぬきちょう(こまだにべら)
京北田貫町(駒谷箆)
けいほくたぬきちょう(しもしんでん)
京北田貫町(下新田)
けいほくたぬきちょう(しもちょう)
京北田貫町(下町)
けいほくたぬきちょう(そうあんだに)
京北田貫町(宗庵谷)
けいほくたぬきちょう(だんまち)
京北田貫町(檀町)
けいほくたぬきちょう(てちゅうだに)
京北田貫町(手中谷)
けいほくたぬきちょう(とりだに)
京北田貫町(鳥谷)
けいほくたぬきちょう(なかしんでん)
京北田貫町(中新田)
けいほくたぬきちょう(にしまち)
京北田貫町(西町)
けいほくたぬきちょう(にじゅうしろ)
京北田貫町(廿代)
けいほくたぬきちょう(ふけ)
京北田貫町(フケ)
けいほくたぬきちょう(ふちだ)
京北田貫町(渕田)
けいほくたぬきちょう(みずたに)
京北田貫町(水谷)
けいほくたぬきちょう(みずたにのおく)
京北田貫町(水谷ノ奥)
けいほくたぬきちょう(みつくり)
京北田貫町(見作)
けいほくたぬきちょう(みなみべら)
京北田貫町(南箆)
けいほくたぬきちょう(みやのうしろ)
京北田貫町(宮ノ後)
けいほくたぬきちょう(みやのかみ)
京北田貫町(宮ノ上)
けいほくたぬきちょう(みやのした)
京北田貫町(宮ノ下)
けいほくたぬきちょう(みやのまえ)
京北田貫町(宮ノ前)
けいほくたぬきちょう(むろじだに)
京北田貫町(室次谷)
けいほくたぬきちょう(むろのおく)
京北田貫町(室ノ奥)
けいほくたぬきちょう(もだに)
京北田貫町(茂谷)
けいほくたぬきちょう(やただ)
京北田貫町(ヤタ田)
けいほくちゅうじちょう
京北中地町
けいほくちゅうじちょう(あたご)
京北中地町(愛宕)
けいほくちゅうじちょう(おくのまち)
京北中地町(奥ノ町)
けいほくちゅうじちょう(おぼそこかわぐち)
京北中地町(小細川口)
けいほくちゅうじちょう(おぼそこだに)
京北中地町(小細谷)
けいほくちゅうじちょう(からうす)
京北中地町(カラウス)
けいほくちゅうじちょう(こうだ)
京北中地町(甲田)
けいほくちゅうじちょう(こうだ)
京北中地町(神田)
けいほくちゅうじちょう(こまがはら)
京北中地町(駒ケ原)
けいほくちゅうじちょう(しのつぼ)
京北中地町(四ノ坪)
けいほくちゅうじちょう(たきのかた)
京北中地町(瀧ノ肩)
けいほくちゅうじちょう(たこたにぐち)
京北中地町(蛸谷口)
けいほくちゅうじちょう(ちゅうじだに)
京北中地町(中地谷)
けいほくちゅうじちょう(ちゅうじひら)
京北中地町(中地平)
けいほくちゅうじちょう(でばり)
京北中地町(出張)
けいほくちゅうじちょう(はたきかわら)
京北中地町(畑木河原)
けいほくちゅうじちょう(ひらの)
京北中地町(平野)
けいほくちゅうじちょう(ひらのひら)
京北中地町(平ノ平)
けいほくちゅうじちょう(よこたにぐち)
京北中地町(横谷口)
けいほくちゅうじちょう(わたりがせ)
京北中地町(渡ケ瀬)
けいほくつじちょう
京北辻町
けいほくつじちょう(いわがたに)
京北辻町(岩ケ谷)
けいほくつじちょう(おおそぶだに)
京北辻町(大蘇武谷)
けいほくつじちょう(おくばばたに)
京北辻町(奥馬場谷)
けいほくつじちょう(かけあがり)
京北辻町(掛上り)
けいほくつじちょう(かげうら)
京北辻町(蔭浦)
けいほくつじちょう(かさいわ)
京北辻町(笠岩)
けいほくつじちょう(かつらがたに)
京北辻町(桂ケ谷)
けいほくつじちょう(ごんげんのもと)
京北辻町(権現ノ元)
けいほくつじちょう(さこんなわて)
京北辻町(左近縄手)
けいほくつじちょう(しみずだに)
京北辻町(清水谷)
けいほくつじちょう(しもがわら)
京北辻町(下河原)
けいほくつじちょう(たきがさか)
京北辻町(瀧ケ坂)
けいほくつじちょう(にしたにのうちはつかわたに)
京北辻町(西谷ノ内初川谷)
けいほくつじちょう(はざまのもと)
京北辻町(狭間ノ元)
けいほくつじちょう(ばばたに)
京北辻町(馬場谷)
けいほくつじちょう(ばばのひがし)
京北辻町(馬場東)
けいほくつじちょう(ひよしのもと)
京北辻町(日吉ノ元)
けいほくつじちょう(ひらがえご)
京北辻町(平ケエゴ)
けいほくつじちょう(ふじのもと)
京北辻町(藤野ノ元)
けいほくつじちょう(ふるかまがだに)
京北辻町(古釜ケ谷)
けいほくつじちょう(みやのまえ)
京北辻町(宮ノ前)
けいほくとうちょう
京北塔町
けいほくとうちょう(あたごだに)
京北塔町(愛宕谷)
けいほくとうちょう(いんだに)
京北塔町(隠谷)
けいほくとうちょう(いんだにのおく)
京北塔町(隠谷ノ奥)
けいほくとうちょう(うえのだん)
京北塔町(上ノ段)
けいほくとうちょう(おりたにごえ)
京北塔町(折谷越)
けいほくとうちょう(きどの)
京北塔町(木戸野)
けいほくとうちょう(ごぐらまえ)
京北塔町(郷藏前)
けいほくとうちょう(さんみょうだに)
京北塔町(三明谷)
けいほくとうちょう(さんみょうだにのうえ)
京北塔町(三明谷ノ上)
けいほくとうちょう(しみずだに)
京北塔町(清水谷)
けいほくとうちょう(そぶだに)
京北塔町(蘇武谷)
けいほくとうちょう(たぶせ)
京北塔町(田布施)
けいほくとうちょう(なかすじうら)
京北塔町(中筋浦)
けいほくとうちょう(はざまだに)
京北塔町(狭間谷)
けいほくとうちょう(みやのかみ)
京北塔町(宮ノ上)
けいほくとうちょう(みやのたに)
京北塔町(宮ノ谷)
けいほくとうちょう(みやのまえ)
京北塔町(宮ノ前)
けいほくとちもとちょう
京北栃本町
けいほくとちもとちょう(うちだ)
京北栃本町(打田)
けいほくとちもとちょう(おとだに)
京北栃本町(音谷)
けいほくとちもとちょう(かわあい)
京北栃本町(川合)
けいほくとちもとちょう(きた)
京北栃本町(北)
けいほくとちもとちょう(くつがたに)
京北栃本町(沓ケ谷)
けいほくとちもとちょう(しょうじゃく)
京北栃本町(正尺)
けいほくとちもとちょう(しんでん)
京北栃本町(新田)
けいほくとちもとちょう(とちがたに)
京北栃本町(栃ケ谷)
けいほくとちもとちょう(ながたに)
京北栃本町(長谷)
けいほくとちもとちょう(にしまち)
京北栃本町(西町)
けいほくとちもとちょう(ひがしまち)
京北栃本町(東町)
けいほくとちもとちょう(みなみ)
京北栃本町(南)
けいほくとちもとちょう(みなみがわら)
京北栃本町(南川原)
けいほくとちもとちょう(みやのまえ)
京北栃本町(宮ノ前)
けいほくとりいちょう
京北鳥居町
けいほくとりいちょう(あかさか)
京北鳥居町(赤坂)
けいほくとりいちょう(あかほだ)
京北鳥居町(赤穂田)
けいほくとりいちょう(あらしたに)
京北鳥居町(嵐谷)
けいほくとりいちょう(あんのやしき)
京北鳥居町(庵ノ屋敷)
けいほくとりいちょう(いちなし)
京北鳥居町(市無)
けいほくとりいちょう(いばらだに)
京北鳥居町(茨谷)
けいほくとりいちょう(うえの)
京北鳥居町(上野)
けいほくとりいちょう(うかわ)
京北鳥居町(宇川)
けいほくとりいちょう(おくやまだ)
京北鳥居町(奥山田)
けいほくとりいちょう(かげうら)
京北鳥居町(蔭浦)
けいほくとりいちょう(くちやまだ)
京北鳥居町(口山田)
けいほくとりいちょう(くるびだに)
京北鳥居町(クルビ谷)
けいほくとりいちょう(こやがたに)
京北鳥居町(小屋ケ谷)
けいほくとりいちょう(しおたに)
京北鳥居町(塩谷)
けいほくとりいちょう(しらくちだに)
京北鳥居町(白口谷)
けいほくとりいちょう(とこなみ)
京北鳥居町(床波)
けいほくとりいちょう(なかやま)
京北鳥居町(中山)
けいほくとりいちょう(なかやまだ)
京北鳥居町(中山田)
けいほくとりいちょう(ながたに)
京北鳥居町(長谷)
けいほくとりいちょう(にしやまのもと)
京北鳥居町(西山ノ元)
けいほくとりいちょう(のぼりお)
京北鳥居町(昇尾)
けいほくとりいちょう(はやしがだに)
京北鳥居町(林ケ谷)
けいほくとりいちょう(ふしおがみ)
京北鳥居町(伏拜)
けいほくとりいちょう(まつね)
京北鳥居町(松根)
けいほくとりいちょう(みやのもと)
京北鳥居町(宮ノ元)
けいほくとりいちょう(むかいやま)
京北鳥居町(向山)
けいほくとりいちょう(むこうがわら)
京北鳥居町(向河原)
けいほくとりいちょう(わりたに)
京北鳥居町(割谷)
けいほくなかえちょう
京北中江町
けいほくなかえちょう(いもじだに)
京北中江町(妹路谷)
けいほくなかえちょう(おおそぶだに)
京北中江町(大祖父谷)
けいほくなかえちょう(おくのえご)
京北中江町(奥ノヱゴ)
けいほくなかえちょう(かけがだに)
京北中江町(懸ケ谷)
けいほくなかえちょう(かげうら)
京北中江町(蔭裏)
けいほくなかえちょう(かみのちょう)
京北中江町(上ノ町)
けいほくなかえちょう(かんむり)
京北中江町(冠)
けいほくなかえちょう(げんば)
京北中江町(玄蕃)
けいほくなかえちょう(しみずじり)
京北中江町(清水尻)
けいほくなかえちょう(しものちょう)
京北中江町(下ノ町)
けいほくなかえちょう(たにがわじり)
京北中江町(谷川尻)
けいほくなかえちょう(でんど)
京北中江町(傳土)
けいほくなかえちょう(なかた)
京北中江町(中田)
けいほくなかえちょう(ぼうのかみ)
京北中江町(坊ノ上)
けいほくなかえちょう(むこうがはら)
京北中江町(向河原)
けいほくなかえちょう(よこて)
京北中江町(横手)
けいほくなかえちょう(よしだだに)
京北中江町(吉田谷)
けいほくにしちょう
京北西町
けいほくにしちょう(あけだ)
京北西町(明田)
けいほくにしちょう(うえのかきうち)
京北西町(上ノ垣内)
けいほくにしちょう(おおつぼだい)
京北西町(大坪代)
けいほくにしちょう(おくのたに)
京北西町(奥ノ谷)
けいほくにしちょう(かみさこだ)
京北西町(上迫田)
けいほくにしちょう(きたのたに)
京北西町(北ノ谷)
けいほくにしちょう(さこがたに)
京北西町(迫ケ谷)
けいほくにしちょう(しもさこだ)
京北西町(下迫田)
けいほくにしちょう(しょうげつ)
京北西町(松月)
けいほくにしちょう(すだに)
京北西町(数谷)
けいほくにしちょう(そうだに)
京北西町(惣谷)
けいほくにしちょう(なかとおり)
京北西町(中通)
けいほくにしちょう(にしがだけ)
京北西町(西ケ嶽)
けいほくにしちょう(にしすだに)
京北西町(西数谷)
けいほくにしちょう(にしのもと)
京北西町(西ノ本)
けいほくにしちょう(ひがしすだに)
京北西町(東数谷)
けいほくにしちょう(ひらかきうち)
京北西町(平垣内)
けいほくにしちょう(まるばしだに)
京北西町(丸橋谷)
けいほくにしちょう(むかいのやま)
京北西町(向ノ山)
けいほくにしちょう(やまね)
京北西町(山根)
けいほくはいやちょう
京北灰屋町
けいほくはいやちょう(いちのたに)
京北灰屋町(一ノ谷)
けいほくはいやちょう(おおさこ)
京北灰屋町(大サコ)
けいほくはいやちょう(おぬけ)
京北灰屋町(尾抜ケ)
けいほくはいやちょう(かみのなる)
京北灰屋町(上ノ鳴)
けいほくはいやちょう(かやだに)
京北灰屋町(栢谷)
けいほくはいやちょう(しおの)
京北灰屋町(塩野)
けいほくはいやちょう(しおのたに)
京北灰屋町(塩ノ谷)
けいほくはいやちょう(したのもと)
京北灰屋町(舌ノ本)
けいほくはいやちょう(たかやま)
京北灰屋町(高山)
けいほくはいやちょう(たきのした)
京北灰屋町(滝ノ下)
けいほくはいやちょう(だんのもと)
京北灰屋町(段ノ本)
けいほくはいやちょう(ちこりやま)
京北灰屋町(チコリ山)
けいほくはいやちょう(ひうちいわ)
京北灰屋町(火打岩)
けいほくはいやちょう(ひのたに)
京北灰屋町(樋ノ谷)
けいほくはいやちょう(まつお)
京北灰屋町(松尾)
けいほくはいやちょう(まわりぶち)
京北灰屋町(廻り渕)
けいほくはいやちょう(ゆりのした)
京北灰屋町(由里ノ下)
けいほくはつかわちょう
京北初川町
けいほくはつかわちょう(おくやまだ)
京北初川町(奥山田)
けいほくはつかわちょう(きたひら)
京北初川町(北平)
けいほくはつかわちょう(くちやまだ)
京北初川町(口山田)
けいほくはつかわちょう(なわて)
京北初川町(縄手)
けいほくはつかわちょう(はつかわぐち)
京北初川町(初川口)
けいほくはつかわちょう(みなみひら)
京北初川町(南平)
けいほくひがえちょう
京北比賀江町
けいほくひがえちょう(いんだに)
京北比賀江町(院谷)
けいほくひがえちょう(うえのたに)
京北比賀江町(上ノ谷)
けいほくひがえちょう(うおがたに)
京北比賀江町(魚ケ谷)
けいほくひがえちょう(かげうら)
京北比賀江町(蔭裏)
けいほくひがえちょう(かつやま)
京北比賀江町(勝山)
けいほくひがえちょう(かめのこう)
京北比賀江町(亀ノ甲)
けいほくひがえちょう(からすだに)
京北比賀江町(烏谷)
けいほくひがえちょう(かわくぼ)
京北比賀江町(川久保)
けいほくひがえちょう(くちからすだに)
京北比賀江町(口烏谷)
けいほくひがえちょう(こもだに)
京北比賀江町(薦谷)
けいほくひがえちょう(こんぼりぶち)
京北比賀江町(金堀渕)
けいほくひがえちょう(じょうだに)
京北比賀江町(城谷)
けいほくひがえちょう(すいらく)
京北比賀江町(水落)
けいほくひがえちょう(たぶせ)
京北比賀江町(田布施)
けいほくひがえちょう(なかにし)
京北比賀江町(中西)
けいほくひがえちょう(なかのたに)
京北比賀江町(中ノ谷)
けいほくひがえちょう(ながつか)
京北比賀江町(長塚)
けいほくひがえちょう(にしがくぼ)
京北比賀江町(西ケ久保)
けいほくひがえちょう(にしたにしょうぶたに)
京北比賀江町(西谷菖蒲谷)
けいほくひがえちょう(にしたにしらいし)
京北比賀江町(西谷白石)
けいほくひがえちょう(にしたにつかだに)
京北比賀江町(西谷塚谷)
けいほくひがえちょう(にしたにもりたに)
京北比賀江町(西谷守谷)
けいほくひがえちょう(にしたにやまのかみだに)
京北比賀江町(西谷山神谷)
けいほくひがえちょう(にしのやま)
京北比賀江町(西ノ山)
けいほくひがえちょう(ひがしたに)
京北比賀江町(東谷)
けいほくひがえちょう(ひがしなかみぞ)
京北比賀江町(東中溝)
けいほくひがえちょう(ふかすながわ)
京北比賀江町(深砂川)
けいほくひがえちょう(ふじわら)
京北比賀江町(藤原)
けいほくひがえちょう(ぶそだに)
京北比賀江町(部曽谷)
けいほくひがえちょう(ぼうがせ)
京北比賀江町(坊ケ瀬)
けいほくひがえちょう(みやのまえ)
京北比賀江町(宮ノ前)
けいほくひがえちょう(みょうじょうがえご)
京北比賀江町(明星ケ江後)
けいほくほそのちょう
京北細野町
けいほくほそのちょう(あけみ)
京北細野町(明見)
けいほくほそのちょう(あしみおく)
京北細野町(芦見奥)
けいほくほそのちょう(あしみぐち)
京北細野町(芦見口)
けいほくほそのちょう(いえのうえ)
京北細野町(家ノ上)
けいほくほそのちょう(いえのした)
京北細野町(家ノ下)
けいほくほそのちょう(いおりがたに)
京北細野町(庵ケ谷)
けいほくほそのちょう(いずみだに)
京北細野町(泉谷)
けいほくほそのちょう(いねさこ)
京北細野町(井根砂子)
けいほくほそのちょう(いばらくぼ)
京北細野町(茨久保)
けいほくほそのちょう(いわおさこ)
京北細野町(岩尾砂子)
けいほくほそのちょう(いわがたに)
京北細野町(岩ケ谷)
けいほくほそのちょう(うえのやま)
京北細野町(上ノ山)
けいほくほそのちょう(うじうじだににしひら)
京北細野町(宇治々谷西平)
けいほくほそのちょう(うじうじだにひがしひら)
京北細野町(宇治々谷東平)
けいほくほそのちょう(うじがみだにひら)
京北細野町(氏神谷平)
けいほくほそのちょう(うちだに)
京北細野町(打谷)
けいほくほそのちょう(うまだににしひら)
京北細野町(馬谷西平)
けいほくほそのちょう(うまだにひがしひら)
京北細野町(馬谷東平)
けいほくほそのちょう(おおかわおもて)
京北細野町(大川表)
けいほくほそのちょう(おおぐり)
京北細野町(大栗)
けいほくほそのちょう(おおけだに)
京北細野町(大毛谷)
けいほくほそのちょう(おおたに)
京北細野町(大谷)
けいほくほそのちょう(おおはた)
京北細野町(大畑)
けいほくほそのちょう(おかやだに)
京北細野町(岡屋谷)
けいほくほそのちょう(おくだ)
京北細野町(奥田)
けいほくほそのちょう(おばな)
京北細野町(尾鼻)
けいほくほそのちょう(おやま)
京北細野町(尾山)
けいほくほそのちょう(かさとうげ)
京北細野町(笠峠)
けいほくほそのちょう(かぜがはな)
京北細野町(風ケ鼻)
けいほくほそのちょう(かまがたに)
京北細野町(釜ケ谷)
けいほくほそのちょう(かみきた)
京北細野町(上北)
けいほくほそのちょう(かみこうろ)
京北細野町(上河原)
けいほくほそのちょう(かみこやだに)
京北細野町(上小屋谷)
けいほくほそのちょう(かみのちょう)
京北細野町(上ノ町)
けいほくほそのちょう(かみのちょう)
京北細野町(上之町)
けいほくほそのちょう(かみみぶかきうち)
京北細野町(上壬生垣内)
けいほくほそのちょう(かやおだに)
京北細野町(栢尾谷)
けいほくほそのちょう(かわかみ)
京北細野町(川上)
けいほくほそのちょう(かわきた)
京北細野町(川北)
けいほくほそのちょう(きたこうろ)
京北細野町(北河原)
けいほくほそのちょう(きたごしょうかきうち)
京北細野町(北五升垣内)
けいほくほそのちょう(きたたに)
京北細野町(北谷)
けいほくほそのちょう(きたのさこ)
京北細野町(北ノ砂子)
けいほくほそのちょう(きょうごく)
京北細野町(京極)
けいほくほそのちょう(きょうみちにしひら)
京北細野町(京道西平)
けいほくほそのちょう(きょうみちひがしひら)
京北細野町(京道東平)
けいほくほそのちょう(くさきだに)
京北細野町(草木谷)
けいほくほそのちょう(くじゅうじり)
京北細野町(九十尻)
けいほくほそのちょう(くずれ)
京北細野町(崩)
けいほくほそのちょう(くずれやま)
京北細野町(崩山)
けいほくほそのちょう(くちのくぼ)
京北細野町(口之久保)
けいほくほそのちょう(くのつぼ)
京北細野町(九ノ坪)
けいほくほそのちょう(くぼ)
京北細野町(久保)
けいほくほそのちょう(くもつくりかきうち)
京北細野町(雲作垣内)
けいほくほそのちょう(くらたに)
京北細野町(藏谷)
けいほくほそのちょう(くるお)
京北細野町(久留尾)
けいほくほそのちょう(こまつおにしひら)
京北細野町(小松尾西平)
けいほくほそのちょう(こまつおひがしひら)
京北細野町(小松尾東平)
けいほくほそのちょう(ごくらくだに)
京北細野町(極楽谷)
けいほくほそのちょう(さかもと)
京北細野町(坂本)
けいほくほそのちょう(さとやま)
京北細野町(里山)
けいほくほそのちょう(ししがたに)
京北細野町(獅々ケ谷)
けいほくほそのちょう(しなのかきうち)
京北細野町(信濃垣内)
けいほくほそのちょう(しばがだに)
京北細野町(柴ケ谷)
けいほくほそのちょう(しもかきうち)
京北細野町(下垣内)
けいほくほそのちょう(しもこうろ)
京北細野町(下河原)
けいほくほそのちょう(しもこやだに)
京北細野町(下小屋谷)
けいほくほそのちょう(しものかきうち)
京北細野町(下ノ垣内)
けいほくほそのちょう(しものさと)
京北細野町(下之里)
けいほくほそのちょう(しものちょう)
京北細野町(下之町)
けいほくほそのちょう(しものもと)
京北細野町(下ノ本)
けいほくほそのちょう(しもみぶかきうち)
京北細野町(下壬生垣内)
けいほくほそのちょう(しょうぶがたに)
京北細野町(菖蒲ケ谷)
けいほくほそのちょう(しりくびだに)
京北細野町(尻首谷)
けいほくほそのちょう(すべりいし)
京北細野町(濘石)
けいほくほそのちょう(たかはし)
京北細野町(高橋)
けいほくほそのちょう(たかまだに)
京北細野町(高間谷)
けいほくほそのちょう(たきたに)
京北細野町(滝谷)
けいほくほそのちょう(たきのむかい)
京北細野町(滝ノ向)
けいほくほそのちょう(たきのもと)
京北細野町(滝ノ本)
けいほくほそのちょう(たきまただに)
京北細野町(滝又谷)
けいほくほそのちょう(たじりだに)
京北細野町(田尻谷)
けいほくほそのちょう(たなかしろ)
京北細野町(田中代)
けいほくほそのちょう(つかのもと)
京北細野町(塚ノ本)
けいほくほそのちょう(つちとりば)
京北細野町(土取場)
けいほくほそのちょう(つぼがいけ)
京北細野町(坪ケ池)
けいほくほそのちょう(つるびんぜい)
京北細野町(釣瓶税)
けいほくほそのちょう(なかのかきうち)
京北細野町(中之垣内)
けいほくほそのちょう(なかのさと)
京北細野町(中之里)
けいほくほそのちょう(なかやま)
京北細野町(中山)
けいほくほそのちょう(ながの)
京北細野町(長野)
けいほくほそのちょう(にしかきうち)
京北細野町(西垣内)
けいほくほそのちょう(にしがたに)
京北細野町(西ケ谷)
けいほくほそのちょう(にしたに)
京北細野町(西谷)
けいほくほそのちょう(にしのかきうち)
京北細野町(西ノ垣内)
けいほくほそのちょう(にしほしたに)
京北細野町(西星谷)
けいほくほそのちょう(にしほとろだに)
京北細野町(西保登路谷)
けいほくほそのちょう(にほんまるかきうち)
京北細野町(日本丸垣内)
けいほくほそのちょう(のはら)
京北細野町(野原)
けいほくほそのちょう(はちじゅうじり)
京北細野町(八十尻)
けいほくほそのちょう(はちのつぼ)
京北細野町(八ノ坪)
けいほくほそのちょう(ひうちいわがたに)
京北細野町(火打岩ケ谷)
けいほくほそのちょう(ひがしかきうち)
京北細野町(東垣内)
けいほくほそのちょう(ひがしのかきうち)
京北細野町(東ノ垣内)
けいほくほそのちょう(ひがしほしたに)
京北細野町(東星谷)
けいほくほそのちょう(ひがしほとろだに)
京北細野町(東保登路谷)
けいほくほそのちょう(ひがしまた)
京北細野町(東又)
けいほくほそのちょう(ひがしやま)
京北細野町(東山)
けいほくほそのちょう(びわかきうち)
京北細野町(枇杷垣内)
けいほくほそのちょう(ふたつばし)
京北細野町(二ツ橋)
けいほくほそのちょう(ふどうがだに)
京北細野町(不動ケ谷)
けいほくほそのちょう(ふながさか)
京北細野町(船ケ坂)
けいほくほそのちょう(ふろがたに)
京北細野町(風呂ケ谷)
けいほくほそのちょう(ほしたに)
京北細野町(星谷)
けいほくほそのちょう(ほそのだに)
京北細野町(細野谷)
けいほくほそのちょう(みたに)
京北細野町(見谷)
けいほくほそのちょう(みとおり)
京北細野町(見通)
けいほくほそのちょう(みなみこうろ)
京北細野町(南河原)
けいほくほそのちょう(みなみごしょうかきうち)
京北細野町(南五升垣内)
けいほくほそのちょう(みやのかみ)
京北細野町(宮ノ上)
けいほくほそのちょう(みややま)
京北細野町(宮山)
けいほくほそのちょう(みょうけん)
京北細野町(妙見)
けいほくほそのちょう(むかいかきうち)
京北細野町(向垣内)
けいほくほそのちょう(むかいまち)
京北細野町(向町)
けいほくほそのちょう(むかいやま)
京北細野町(向山)
けいほくほそのちょう(もみのきだに)
京北細野町(椴木谷)
けいほくほそのちょう(やすまだに)
京北細野町(安間谷)
けいほくほそのちょう(やのはら)
京北細野町(矢ノ原)
けいほくほそのちょう(やまだ)
京北細野町(山田)
けいほくほそのちょう(やまだあかさかだに)
京北細野町(山田赤坂谷)
けいほくほそのちょう(やまだいわしみず)
京北細野町(山田岩清水)
けいほくほそのちょう(やまだうえだに)
京北細野町(山田植谷)
けいほくほそのちょう(やまだまつがうら)
京北細野町(山田松ケ浦)
けいほくほそのちょう(やまだまるまちだに)
京北細野町(山田丸町谷)
けいほくほそのちょう(やまだみずがもと)
京北細野町(山田水ケ元)
けいほくほそのちょう(やまだむかいまるまち)
京北細野町(山田向丸町)
けいほくほそのちょう(やまだろくじゅうじり)
京北細野町(山田六十尻)
けいほくほそのちょう(ゆやがたに)
京北細野町(湯屋谷)
けいほくほそのちょう(よの)
京北細野町(余野)
けいほくほそのちょう(よのだににしひら)
京北細野町(余野谷西平)
けいほくほそのちょう(よのだにひがしひら)
京北細野町(余野谷東平)
けいほくみやちょう
京北宮町
けいほくみやちょう(うえだの)
京北宮町(上田野)
けいほくみやちょう(かずさ)
京北宮町(上總)
けいほくみやちょう(きたやま)
京北宮町(北山)
けいほくみやちょう(くろの)
京北宮町(黒野)
けいほくみやちょう(ささべ)
京北宮町(笹部)
けいほくみやちょう(しもだの)
京北宮町(下田野)
けいほくみやちょう(ちゅうじきにしやま)
京北宮町(中食西山)
けいほくみやちょう(ちゅうじきひがしやま)
京北宮町(中食東山)
けいほくみやちょう(ちゅうじきりょうだに)
京北宮町(中食両谷)
けいほくみやちょう(にしたに)
京北宮町(西谷)
けいほくみやちょう(にしなかやま)
京北宮町(西中山)
けいほくみやちょう(ひがしたに)
京北宮町(東谷)
けいほくみやちょう(ひがしなかやま)
京北宮町(東中山)
けいほくみやちょう(ひよし)
京北宮町(日吉)
けいほくみやちょう(みなみやま)
京北宮町(南山)
けいほくみやちょう(みやの)
京北宮町(宮野)
けいほくやしろなかちょう
京北矢代中町
けいほくやしろなかちょう(えごのした)
京北矢代中町(ヱゴノシタ)
けいほくやしろなかちょう(おおくら)
京北矢代中町(大倉)
けいほくやしろなかちょう(きたたに)
京北矢代中町(北谷)
けいほくやしろなかちょう(くりきだ)
京北矢代中町(栗木田)
けいほくやしろなかちょう(さかじり)
京北矢代中町(坂尻)
けいほくやしろなかちょう(すさき)
京北矢代中町(スサキ)
けいほくやしろなかちょう(せいうんあん)
京北矢代中町(正雲庵)
けいほくやしろなかちょう(なかのした)
京北矢代中町(仲ノ下)
けいほくやしろなかちょう(ばばだに)
京北矢代中町(馬場谷)
けいほくやしろなかちょう(ばばだにみちのうえ)
京北矢代中町(馬場谷道ノ上)
けいほくやしろなかちょう(ばばだにみちのした)
京北矢代中町(馬場谷道ノ下)
けいほくやしろなかちょう(みぞのした)
京北矢代中町(溝ノ下)
けいほくやしろなかちょう(みやがたに)
京北矢代中町(宮ケ谷)
けいほくやしろなかちょう(ゆりのした)
京北矢代中町(百合ノ下)
けいほくゆづきちょう
京北弓槻町
けいほくゆづきちょう(かわにし)
京北弓槻町(川西)
けいほくゆづきちょう(きりはた)
京北弓槻町(切畠)
けいほくゆづきちょう(こいづき)
京北弓槻町(恋月)
けいほくゆづきちょう(しもやま)
京北弓槻町(下山)
けいほくゆづきちょう(ずんごし)
京北弓槻町(ズン越)
けいほくゆづきちょう(だんのうえ)
京北弓槻町(段ノ上)
けいほくゆづきちょう(にしやま)
京北弓槻町(西山)
けいほくゆづきちょう(ひがしがいち)
京北弓槻町(東垣内)
けいほくゆづきちょう(ひがしやま)
京北弓槻町(東山)
けいほくゆづきちょう(ぼうのした)
京北弓槻町(坊ノ下)
けいほくゆづきちょう(みなみのした)
京北弓槻町(南ノ下)

さいいんいぬいちょう
西院乾町
さいいんおいわけちょう
西院追分町
さいいんおおたちょう
西院太田町
さいいんかさめちょう
西院笠目町
さいいんかすがちょう
西院春日町
さいいんかなづちちょう
西院金槌町
さいいんかみいまだちょう
西院上今田町
さいいんかみはなだちょう
西院上花田町
さいいんきたいごろうちょう
西院北井御料町
さいいんきたやかけちょう
西院北矢掛町
さいいんくでんちょう
西院久田町
さいいんくぼたちょう
西院久保田町
さいいんこうざんじちょう
西院高山寺町
さいいんこごめちょう
西院小米町
さいいんことぶきちょう
西院寿町
さいいんさんぞうちょう
西院三蔵町
さいいんしじょうばたちょう
西院四条畑町
さいいんしみずちょう
西院清水町
さいいんしもはなだちょう
西院下花田町
さいいんしゅんえいちょう
西院春栄町
さいいんたかだちょう
西院高田町
さいいんたつみちょう
西院巽町
さいいんつきそうちょう
西院月双町
さいいんなかみずちょう
西院中水町
さいいんにしいまだちょう
西院西今田町
さいいんにしかいがわちょう
西院西貝川町
さいいんにしことぶきちょう
西院西寿町
さいいんにしさんぞうちょう
西院西三蔵町
さいいんにしじゅんないんちょう
西院西淳和院町
さいいんにしたかだちょう
西院西高田町
さいいんにしだちょう
西院西田町
さいいんにしなかみずちょう
西院西中水町
さいいんにしひらまち
西院西平町
さいいんにしみぞさきちょう
西院西溝崎町
さいいんにしやかけちょう
西院西矢掛町
さいいんひがしいまだちょう
西院東今田町
さいいんひがしかいがわちょう
西院東貝川町
さいいんひがしじゅんないんちょう
西院東淳和院町
さいいんひがしなかみずちょう
西院東中水町
さいいんひつじさるちょう
西院坤町
さいいんひでりちょう
西院日照町
さいいんひらまち
西院平町
さいいんまついちょう
西院松井町
さいいんみぞさきちょう
西院溝崎町
さいいんみなみいごろうちょう
西院南井御料町
さいいんみなみことぶきちょう
西院南寿町
さいいんみなみたかだちょう
西院南高田町
さいいんやかけちょう
西院矢掛町
さいいんやすづかちょう
西院安塚町
さいいんろくたんだちょう
西院六反田町
さがあさひちょう
嵯峨朝日町
さがあたごちょう
嵯峨愛宕町
さがいしがつぼちょう
嵯峨石ケ坪町
さがいせのかみちょう
嵯峨伊勢ノ上町
さがいっぽんぎちょう
嵯峨一本木町
さがうめのきちょう
嵯峨梅ノ木町
さがおおさわおちくぼちょう
嵯峨大沢落久保町
さがおおさわちょう
嵯峨大沢町
さがおおさわやなぎいでちょう
嵯峨大沢柳井手町
さがおぐらやまおぐらちょう
嵯峨小倉山小倉町
さがおぐらやまたぶちやまちょう
嵯峨小倉山田淵山町
さがおぐらやまちょう
嵯峨小倉山町
さがおぐらやまどうのまえちょう
嵯峨小倉山堂ノ前町
さがおぐらやまひのみょうじんちょう
嵯峨小倉山緋明神町
さがおぐらやまやまもとちょう
嵯峨小倉山山本町
さがおりとちょう
嵯峨折戸町
さがかぶとづかちょう
嵯峨甲塚町
さがかめのおちょう
嵯峨亀ノ尾町
さがかめやまちょう
嵯峨亀山町
さがかりわけちょう
嵯峨苅分町
さがかんくうじおかざきちょう
嵯峨観空寺岡崎町
さがかんくうじくぼでんちょう
嵯峨観空寺久保殿町
さがかんくうじだにちょう
嵯峨観空寺谷町
さがかんくうじみょうずいちょう
嵯峨観空寺明水町
さがきたぼりちょう
嵯峨北堀町
さがきよたきいっかひょうちょう
嵯峨清滝一華表町
さがきよたきおおたにちょう
嵯峨清滝大谷町
さがきよたきかめがくびちょう
嵯峨清滝亀ケ首町
さがきよたききただにちょう
嵯峨清滝北谷町
さがきよたきくうやだきちょう
嵯峨清滝空也滝町
さがきよたきたづはらちょう
嵯峨清滝田鶴原町
さがきよたきちょう
嵯峨清滝町
さがきよたきつきのわちょう
嵯峨清滝月ノ輪町
さがきよたきどうじりちょう
嵯峨清滝堂尻町
さがきよたきはっこうだんちょう
嵯峨清滝八講檀町
さがきよたきはっちょうざんちょう
嵯峨清滝八丁山町
さがきよたきふかたにちょう
嵯峨清滝深谷町
さがこしはたきたのちょう
嵯峨越畑北ノ町
さがこしはたしょうごんじょう
嵯峨越畑正権条
さがこしはたすじちがい
嵯峨越畑筋違
さがこしはたてんけい
嵯峨越畑天慶
さがこしはたなかのちょう
嵯峨越畑中ノ町
さがこしはたなべうら
嵯峨越畑鍋浦
さがこしはたひょうごまえちょう
嵯峨越畑兵庫前町
さがこしはたみなみのちょう
嵯峨越畑南ノ町
さがこしはたももはらがいち
嵯峨越畑桃原垣内
さがごとうちょう
嵯峨五島町
さがしきみがはらいなりもとちょう
嵯峨樒原稲荷元町
さがしきみがはらしみず
嵯峨樒原清水
さがしきみがはらたかみちょう
嵯峨樒原高見町
さがしきみがはらみやのうえちょう
嵯峨樒原宮ノ上町
さがしきみがはらわかみやしたちょう
嵯峨樒原若宮下町
さがしゃかどうだいもんちょう
嵯峨釈迦堂大門町
さがしゃかどうふじのきちょう
嵯峨釈迦堂藤ノ木町
さがしゃかどうもんぜんうらやなぎちょう
嵯峨釈迦堂門前裏柳町
さがしゃかどうもんぜんせとがわちょう
嵯峨釈迦堂門前瀬戸川町
さがしゃかどうもんぜんみなみちゅういんちょう
嵯峨釈迦堂門前南中院町
さがしんぐうちょう
嵯峨新宮町
さがだいかくじもんぜんいとうちょう
嵯峨大覚寺門前井頭町
さがだいかくじもんぜんどうのまえちょう
嵯峨大覚寺門前堂ノ前町
さがだいかくじもんぜんのぼりちょう
嵯峨大覚寺門前登リ町
さがだいかくじもんぜんはちけんちょう
嵯峨大覚寺門前八軒町
さがだいかくじもんぜんみやのしたちょう
嵯峨大覚寺門前宮ノ下町
さがだいかくじもんぜんろくどうちょう
嵯峨大覚寺門前六道町
さがつりどのちょう
嵯峨釣殿町
さがてんりゅうじあぶらかけちょう
嵯峨天龍寺油掛町
さがてんりゅうじいまほりちょう
嵯峨天龍寺今堀町
さがてんりゅうじきたつくりみちちょう
嵯峨天龍寺北造路町
さがてんりゅうじくるまみちちょう
嵯峨天龍寺車道町
さがてんりゅうじしいのちょう
嵯峨天龍寺椎野町
さがてんりゅうじすすきのばばちょう
嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
さがてんりゅうじすみのくらちょう
嵯峨天龍寺角倉町
さがてんりゅうじせとがわちょう
嵯峨天龍寺瀬戸川町
さがてんりゅうじたていしちょう
嵯峨天龍寺立石町
さがてんりゅうじつくりみちちょう
嵯峨天龍寺造路町
さがてんりゅうじなかじまちょう
嵯峨天龍寺中島町
さがてんりゅうじひろみちちょう
嵯峨天龍寺広道町
さがてんりゅうじりゅうもんちょう
嵯峨天龍寺龍門町
さがてんりゅうじわかみやちょう
嵯峨天龍寺若宮町
さがとりいもとあだしのちょう
嵯峨鳥居本化野町
さがとりいもといっかひょうちょう
嵯峨鳥居本一華表町
さがとりいもときただいちょう
嵯峨鳥居本北代町
さがとりいもとこざかちょう
嵯峨鳥居本小坂町
さがとりいもとせんのうちょう
嵯峨鳥居本仙翁町
さがとりいもとなかすじちょう
嵯峨鳥居本中筋町
さがとりいもとふかたにちょう
嵯峨鳥居本深谷町
さがとりいもとぶつしょうでんちょう
嵯峨鳥居本仏餉田町
さがとりいもとろくたんちょう
嵯峨鳥居本六反町
さがとんぼじりちょう
嵯峨蜻蛉尻町
さがなかどおりちょう
嵯峨中通町
さがなかのしまちょう
嵯峨中ノ島町
さがなかまたちょう
嵯峨中又町
さがなかやまちょう
嵯峨中山町
さがにそんいんもんぜんおうじょういんちょう
嵯峨二尊院門前往生院町
さがにそんいんもんぜんきたちゅういんちょう
嵯峨二尊院門前北中院町
さがにそんいんもんぜんぜんこうじやまちょう
嵯峨二尊院門前善光寺山町
さがにそんいんもんぜんちょうじんちょう
嵯峨二尊院門前長神町
さがのあきかいどうちょう
嵯峨野秋街道町
さがのありすがわちょう
嵯峨野有栖川町
さがのうちだちょう
嵯峨野内田町
さがのかみのきちょう
嵯峨野神ノ木町
さがのきたのちょう
嵯峨野北野町
さがのさがのだんまち
嵯峨野嵯峨ノ段町
さがのしばのちょう
嵯峨野芝野町
さがのしみずちょう
嵯峨野清水町
さがのたかだちょう
嵯峨野高田町
さがのちよのみちちょう
嵯峨野千代ノ道町
さがのなげぶちちょう
嵯峨野投渕町
さがのにしのふじちょう
嵯峨野西ノ藤町
さがののみやちょう
嵯峨野々宮町
さがのひがしだちょう
嵯峨野東田町
さがのひらきちょう
嵯峨野開町
さがのみなみうらちょう
嵯峨野南浦町
さがのみやのもとちょう
嵯峨野宮ノ元町
さがのろくたんだちょう
嵯峨野六反田町
さがひろさわいけしたちょう
嵯峨広沢池下町
さがひろさわきたげばのちょう
嵯峨広沢北下馬野町
さがひろさわごしょのうちちょう
嵯峨広沢御所ノ内町
さがひろさわちょう
嵯峨広沢町
さがひろさわにしうらちょう
嵯峨広沢西裏町
さがひろさわみなみげばのちょう
嵯峨広沢南下馬野町
さがひろさわみなみのちょう
嵯峨広沢南野町
さがふしはらちょう
嵯峨罧原町
さがみずおおおいわ
嵯峨水尾大岩
さがみずおおかのくぼちょう
嵯峨水尾岡ノ窪町
さがみずおきたがいちちょう
嵯峨水尾北垣内町
さがみずおたけのしりちょう
嵯峨水尾竹ノ尻町
さがみずおはとがす
嵯峨水尾鳩ケ巣
さがみずおみやのわきちょう
嵯峨水尾宮ノ脇町
さがみずおむさしじまちょう
嵯峨水尾武蔵嶋町
さがみょうじょうちょう
嵯峨明星町
さがやなぎだちょう
嵯峨柳田町

たにぐちうめづまちょう
谷口梅津間町
たにぐちえんじょうじちょう
谷口円成寺町
たにぐちかきのうちちょう
谷口垣ノ内町
たにぐちからたのうちちょう
谷口唐田ノ内町
たにぐちそのまち
谷口園町
ときわいちのいちょう
常盤一ノ井町
ときわうまづかちょう
常盤馬塚町
ときわおいけちょう
常盤御池町
ときわおんとちょう
常盤音戸町
ときわかしのきちょう
常盤柏ノ木町
ときわかんだちょう
常盤神田町
ときわきたうらちょう
常盤北裏町
ときわくさきちょう
常盤草木町
ときわくぼまち
常盤窪町
ときわしもたちょう
常盤下田町
ときわだんのうえちょう
常盤段ノ上町
ときわでぐちちょう
常盤出口町
ときわなかのちょう
常盤仲之町
ときわにしまち
常盤西町
ときわひがしのちょう
常盤東ノ町
ときわふるごしょちょう
常盤古御所町
ときわむらのうちちょう
常盤村ノ内町
ときわもりまち
常盤森町
ときわやましたちょう
常盤山下町

なるたきいずみだにちょう
鳴滝泉谷町
なるたきいずみでんちょう
鳴滝泉殿町
なるたきうだのたに
鳴滝宇多野谷
なるたきおんどやまちょう
鳴滝音戸山町
なるたきかわにしちょう
鳴滝川西町
なるたききっちょうたに
鳴滝吉兆谷
なるたききりがふちちょう
鳴滝桐ケ淵町
なるたきさがぞのちょう
鳴滝嵯峨園町
なるたきさわ
鳴滝沢
なるたきさんぼんまつ
鳴滝三本松
なるたきしらすな
鳴滝白砂
なるたきたくまちょう
鳴滝宅間町
なるたきなかみちちょう
鳴滝中道町
なるたきにしさがぞのちょう
鳴滝西嵯峨園町
なるたきはすいけちょう
鳴滝蓮池町
なるたきはるきちょう
鳴滝春木町
なるたきはんにゃじちょう
鳴滝般若寺町
なるたきふじのきちょう
鳴滝藤ノ木町
なるたきほんまち
鳴滝本町
なるたきまつもとちょう
鳴滝松本町
なるたきみずほちょう
鳴滝瑞穂町
なるたきやすいでんちょう
鳴滝安井殿町
なるたきれんげじちょう
鳴滝蓮花寺町
にしきょうごくあぜかつちょう
西京極畔勝町
にしきょうごくうまづかちょう
西京極午塚町
にしきょうごくかどのちょう
西京極葛野町
にしきょうごくかわらちょう
西京極河原町
にしきょうごくかわらちょううらまち
西京極河原町裏町
にしきょうごくきたうらちょう
西京極北裏町
にしきょうごくきたおおいりちょう
西京極北大入町
にしきょうごくきたころもでちょう
西京極北衣手町
にしきょうごくきたしょうざかいちょう
西京極北庄境町
にしきょうごくごおりいのばばちょう
西京極郡猪馬場町
にしきょうごくごおりさわちょう
西京極郡沢町
にしきょうごくごおりだいごでんちょう
西京極郡醍醐田町
にしきょうごくごおりちょう
西京極郡町
にしきょうごくごおりふずちょう
西京極郡附洲町
にしきょうごくさんたんだちょう
西京極三反田町
にしきょうごくしばのしたちょう
西京極芝ノ下町
にしきょうごくしもざわちょう
西京極下沢町
にしきょうごくしんでんちょう
西京極新田町
にしきょうごくしんめいちょう
西京極新明町
にしきょうごくすえひろちょう
西京極末広町
にしきょうごくだいもんちょう
西京極大門町
にしきょうごくちょうのつぼちょう
西京極町ノ坪町
にしきょうごくつくだちょう
西京極佃田町
にしきょうごくつつみしたちょう
西京極堤下町
にしきょうごくつつみそとちょう
西京極堤外町
にしきょうごくつつみちょう
西京極堤町
にしきょうごくとくだいじだんごでんちょう
西京極徳大寺団子田町
にしきょうごくとのだちょう
西京極殿田町
にしきょうごくなかざわちょう
西京極中沢町
にしきょうごくなかじまちょう
西京極中島町
にしきょうごくなかまち
西京極中町
にしきょうごくなかみぞちょう
西京極中溝町
にしきょうごくながまち
西京極長町
にしきょうごくなんぽうちょう
西京極南方町
にしきょうごくにしいけだちょう
西京極西池田町
にしきょうごくにしおおまるちょう
西京極西大丸町
にしきょうごくにしかわちょう
西京極西川町
にしきょうごくにしころもでちょう
西京極西衣手町
にしきょうごくにしだんごでんちょう
西京極西団子田町
にしきょうごくにしなかじまちょう
西京極西中島町
にしきょうごくにしむこうがわらちょう
西京極西向河原町
にしきょうごくのだちょう
西京極野田町
にしきょうごくはしづめちょう
西京極橋詰町
にしきょうごくはしりあがりちょう
西京極走上リ町
にしきょうごくはただちょう
西京極畑田町
にしきょうごくはまのもとちょう
西京極浜ノ本町
にしきょうごくひうちばたちょう
西京極火打畑町
にしきょうごくひがしいけだちょう
西京極東池田町
にしきょうごくひがしおおまるちょう
西京極東大丸町
にしきょうごくひがしがわちょう
西京極東側町
にしきょうごくひがしころもでちょう
西京極東衣手町
にしきょうごくひがしちょう
西京極東町
にしきょうごくひがしなかじまちょう
西京極東中島町
にしきょうごくひがしむこうがわらちょう
西京極東向河原町
にしきょうごくふるはまちょう
西京極古浜町
にしきょうごくまえだちょう
西京極前田町
にしきょうごくまめだちょう
西京極豆田町
にしきょうごくみなみおおいりちょう
西京極南大入町
にしきょうごくみなみころもでちょう
西京極南衣手町
にしきょうごくみなみしょうざかいちょう
西京極南庄境町
にしきょうごくみやのひがしちょう
西京極宮ノ東町
にしきょうごくやぶのしたちょう
西京極藪ノ下町
にしきょうごくやぶびらきちょう
西京極藪開町

はなぞのいちじょうでんちょう
花園一条田町
はなぞのいのけちょう
花園猪ノ毛町
はなぞのいまち
花園伊町
はなぞのうちはたちょう
花園内畑町
はなぞのえんじょうじちょう
花園円成寺町
はなぞのおおぎのちょう
花園扇野町
はなぞのおおやぶちょう
花園大藪町
はなぞのおかのもとちょう
花園岡ノ本町
はなぞのかすがちょう
花園春日町
はなぞのきつじきたまち
花園木辻北町
はなぞのきつじみなみちょう
花園木辻南町
はなぞのくるまみちちょう
花園車道町
はなぞのこんなんちょう
花園坤南町
はなぞのこんぼくちょう
花園艮北町
はなぞのそんなんちょう
花園巽南町
はなぞのたかつかさちょう
花園鷹司町
はなぞのだんのおかちょう
花園段ノ岡町
はなぞのつちどうちょう
花園土堂町
はなぞのてらのうちちょう
花園寺ノ内町
はなぞのてらのなかちょう
花園寺ノ中町
はなぞのてらのまえちょう
花園寺ノ前町
はなぞのてんじゅがおかちょう
花園天授ケ岡町
はなぞのなかみかどちょう
花園中御門町
はなぞのばだいちょう
花園馬代町
はなぞのみやのかみちょう
花園宮ノ上町
はなぞのみょうしんじちょう
花園妙心寺町
はなぞのやつくちちょう
花園八ツ口町
はなぞのやぶのしたちょう
花園藪ノ下町

やまごえいぬいちょう
山越乾町
やまごえたつみちょう
山越巽町
やまごえなかちょう
山越中町
やまごえにしちょう
山越西町
やまごえひがしちょう
山越東町
やまのうちあらきちょう
山ノ内荒木町
やまのうちいけじりちょう
山ノ内池尻町
やまのうちおおまち
山ノ内大町
やまのうちきたのくちちょう
山ノ内北ノ口町
やまのうちごたんだちょう
山ノ内五反田町
やまのうちせきさんちょう
山ノ内赤山町
やまのうちせとはたちょう
山ノ内瀬戸畑町
やまのうちなえまち
山ノ内苗町
やまのうちなかはたちょう
山ノ内中畑町
やまのうちにしうらちょう
山ノ内西裏町
やまのうちにしはったんだちょう
山ノ内西八反田町
やまのうちみどうでんちょう
山ノ内御堂殿町
やまのうちみやまえちょう
山ノ内宮前町
やまのうちみやわきちょう
山ノ内宮脇町
やまのうちやまのしたちょう
山ノ内山ノ下町
やまのうちようろうちょう
山ノ内養老町

りょうあんじいけのしたちょう
龍安寺池ノ下町
りょうあんじきぬがさしたちょう
龍安寺衣笠下町
りょうあんじごたんだちょう
龍安寺五反田町
りょうあんじごりょうのしたちょう
龍安寺御陵ノ下町
りょうあんじさいぐうちょう
龍安寺斎宮町
りょうあんじしゅうやま
龍安寺朱山
りょうあんじすみよしちょう
龍安寺住吉町
りょうあんじたまつしばちょう
龍安寺玉津芝町
りょうあんじとうのしたちょう
龍安寺塔ノ下町
りょうあんじにしのかわちょう
龍安寺西ノ川町
りょうあんじやまだちょう
龍安寺山田町

西陣織 [京都府の伝統的工芸品等]

西陣織は京都がはぐくんできた高級絹織物で、多品種少量生産方式を基盤とした、先染の紋織物です。織り上がるまでには、企画・図案から意匠紋紙、糸染、整経(セイケイ)、綜絖(ソウコウ)、金銀糸、絣加工等多くの工程があり、これらの一つひとつの工程で熟練した技術者が丹念に作業をしていきます。一口に西陣織と言っても、手の爪をノコギリの歯のようにギザギザに削って図柄を見ながら織り上げる爪掻本綴織(ツメカキホンツヅレオリ)をはじめ、経錦(タテニシキ)、緯錦(ヨコニシキ)、緞子(ドンス)、朱珍(シュチン)、紹巴(ショウハ)、風通(フウツウ)、もじり織、本しぼ織、ビロード、絣織、紬などがあり、国に指定されているだけでも12種類の品種があります。織機には、綴機、手機、力織機の3種類があります。

京都はもともと、平安時代以前にもたらされた帰化人の豪族、秦氏の織技術によって、平安時代から絹織物業が盛んであり、宮廷文化を中心に発展してきました。京都で応仁の乱(1467年~1477年)が起こり、西軍の大将、山名宗全が西に陣をはったことが、今の西陣の地名と西陣織の名称の由来となりました。明治時代に、京都府からの派遣により佐倉常七ら3名が欧州に留学し、フランスからジャカードなどの洋式技術を取り入れ、大幅な技術改良を重ねた西陣は、日本の絹織物業の近代化の魁として新しい発展を遂げることとなりました。日本の近代化とともに歩みを進めた西陣織は、能衣装、打掛、几帳、帯、きもの、金襴など伝統的で高級精緻、絢爛豪華な手織技術と意匠を極めた製品に結晶するとともに、ネクタイ、インテリア、緞帳、ショール、バッグなど新しい分野にも幅広い製品を生み出しています

京鹿の子絞 [京都府の伝統的工芸品等]

絞り染めの技術は、世界各地でみられ、その発祥は、インドとされています。7世紀頃には、絞り染めの技術が日本に伝わっており、日本書紀の記載が絞り染めの最古の記録です。万葉集にも絞り染めの衣装を詠んだ歌があります。10世紀には宮廷衣装にも用いられました。室町・桃山期から江戸前期にかけて一世を風靡した「辻が花染」は絞り染めを駆使した作品の代表的なものです。さらに江戸時代には、「かのこ」「鹿の子絞」「京鹿の子」として広がり、総絞り、刺繍入りの絞り、友禅加工した絞友禅などが生産され、17世紀末の元禄期には、全盛を迎えました。その後も括りという染まらない部分で模様を表す独特の技術は、着実に受け継がれています。

鹿の子と言われる疋田(ひった)絞りや一目(ひとめ)絞りなどその括り粒の精緻さと、あざやかな多色を出すための染め分け技法から生まれる立体感のある美しさとともに、このほかのそれぞれの括り技法の組み合わせで模様が表現されています。手仕事ならではの潤いと暖かさが京鹿の子絞りの特徴です。

その工程は、布地に図案(下絵)を描き入れ、1人1種類の括り技法を持つ技術者が、一粒ずつしけ糸(生糸)で括って、絞っていきますが、その作業はすべて手で行います。絞り染めは、糸をもって布地を強く括ることによって、染色されない部分をつくり出す、また強く括ることによって布地の絞り独特の「粒」や「しわ」をつくり立体感がつくられるもので、染色方法は浸染によります。絞り染めは、最初につくられたデザインが絞り括りをはじめとする防染技術の積み重ねによって、正確に表現されることが生命です。

京友禅・京小紋 [京都府の伝統的工芸品等]

京友禅は、多彩で絵画調の模様をきものにあらわす染めの技術です。この技術は、江戸時代までに編み出されていた染色法をもとにしたもので、元禄年間、京都・祇園あたりに住む扇絵師、宮崎友禅斎が美しく華麗な絵を描くことを加え、手描友禅として確立したと伝えられています。友禅という名称は、この友禅斎から名付けられたということです。

明治には、あざやかで色数の多い化学染料が輸入され、手描友禅の名匠であった広瀬治助によって「写し友禅」として型友禅が発明されました。手描友禅に対して、模様を切り抜いた型紙を使って大量に染めることができる型友禅の出現により、友禅が多くの人に広がっていきました。

京小紋は、武士の裃に端を発し、17世紀頃までにほぼ完成された染めの技法です。江戸時代に、小紋を染めた麻裃が武士の正装となったため、やがて町人文化の自由で粋な感覚を受け、庶民の間にもしゃれた衣装として流行しました。最初、単色が主体でしたが、その後、彩色へと変化し、友禅と影響しあいながら、京都では、京小紋として独自に発展してきました。京小紋の起源としては、基本となる型紙が作られた1200年前と伝えられています。

京小紋には、はんなりとした雅やかな雰囲気があります。色使いや柄ゆきにも優しさや気品に溢れているのがその特徴ですが、最近ではモダンな図案も出てきています。

京繍 [京都府の伝統的工芸品等]

日本での刺繍の歴史は、飛鳥時代からと推定され、この時代の特徴は、仏画を刺繍で表現した掛け物である繍仏です。これが平安建都に伴い、繍技の職人をかかえる縫部司が京都に置かれ、衣服の装飾に用いられ始めたのが、京繍の起こりです。以降、京繍は、十二単(平安時代)、武将の胴服(鎌倉時代)、能衣装(室町時代)と用いられ、華麗な文化が咲き誇った安土・桃山時代には小袖に多用され、さらに発達しました。この動きは江戸時代まで続きます。明治時代以降は、ふくさ、壁掛け、「刺繍絵画」などの作品が現われ、新しい需要が開拓されました。今では、和装品から祭礼品、額に至るまで幅広い製品をつくり出しています。

刺繍とは、一本の針と多色の糸を使って布地などに模様を縫い表す装飾技法で、染、織とともに日本の染織史上重要な位置を占めています。染めたきものや織物に刺繍が加わって、一層華やかさが増すのです。絹織物、麻織物に絹糸、金銀糸を用いて、磨き抜かれた意匠と高度な技術によって製作される京繍は、全体の構図、繍糸の配色、繍技・繍法、これらが一体となって刺繍独自の表現が可能になり、情趣あふれた作品となります。

京繍の技法は、現在、約30種類があり、伝統的工芸品として指定されているのは、繍切り、駒使い繍、まつい繍など15種類あります。

京くみひも [京都府の伝統的工芸品等]

京くみひもは、平安時代より神具・仏具、武士の鎧兜(よろいかぶと)、刀の下げ緒など装身具や調度品に広く使われてきました。現代では、主に帯締、羽織紐など和装用として用いられるほか、アクセサリーなどの新しいものもあります。

古代の縄文時代には、日常生活に簡単なくみひもが使われ、飛鳥・奈良時代に中国や朝鮮から技術がもたらされ、高度で複雑な工芸くみひもが生まれ、当時の遺品は、法隆寺や正倉院に収蔵されています。平安・鎌倉時代になると、唐風から和風へ移り変わり、意匠は優美なものになり、服飾を飾る平緒や袖括(そでくくり)の緒、冠の緒、巻物、箱類、楽器、調度などにもちいられる様々な紐がつくられ、用途範囲が極めて広くなりました。

室町時代になると、茶道の隆盛により、仕覆(しふく)の緒や掛軸の啄木など、わび・さびの思想から意匠も比較的渋くなり、桃山・江戸時代には、庶民にも広がりました。江戸時代には、組み方も多様になり、羽織紐、組帯などさまざまな技巧をこらすようになり、明治、大正、昭和と帯締、和装小物の世界に類のない美しい製品がつくられてきました。

道具は、丸台、角台、綾竹台、高台などがあり、基本的な組み方だけでも、40種類以上あるといわれ、一本一本の糸が綾をなす芸術品です。

京黒紋付染 [京都府の伝統的工芸品等]

京黒紋付染は、婚礼のときに着る黒留袖や、葬儀のときに着る喪服などを黒色に染める伝統技術をいいます。黒染技法には、引染・浸染の2種類があり、黒留袖など模様のある場合は引染で染色し、喪服など無地の場合は浸染で染めます。

黒の技法でもっとも古いと考えられる方法は、墨を生地に付着させる墨染技法で、平安時代ごろから広く行われていた染法とされています。また、大変な労力と手間がかかっていたタンニン質と鉄の媒染による染法は、室町時代から明治時代になり合成染料が一般的に普及するまで黒染の技法として続きました。

明治維新より、国民の礼服が黒紋付羽織袴となってからは、黒紋服は冠婚葬祭の祝儀・不祝儀の儀式用として、また黒地の模様染は婚礼衣装等需要が高まりました。

京仏壇・京仏具 [京都府の伝統的工芸品等]

京都は仏教文化の都でもあり、市内の至る所に大小さまざまな各宗派の寺院が存在しています。こうした多数の寺院と各家庭の需要に応えながら京仏壇・京仏具は発展してきました。

仏具の歴史は、6世紀の仏教伝来とともに始まります。以後、仏教の普及とともに、各宗派それぞれに異なった様式で仏具も分化していき、家の中に一寺院そのまま組み込む形式をとるようになったのが、各家庭における仏壇です。

京都における仏具は、8世紀ごろその製作が始められたと推定され、11世紀初頭に仏師定朝が七条に「仏所」を設け、仏工を集めたのが本格的な仏具の歴史の始まりと考えられます。江戸時代の初めになると、宗門改め制度に伴い、各家庭に仏壇を安置するようになりましたが、これにより各家庭における仏壇の需要が増加し、生産も本格化していきました。

現在に至るまで、京都は仏壇・仏具の一大産地でありましたが、それは単に生産量の面だけではなく、優れた技術及び品質が備わっているということが大きな特徴です。宗派によって仏具の様式もさまざまなことから、大量生産が困難で、また、木工・金工・漆工などあらゆる技術を駆使した総合工芸品であることからも、その生産は、細かい分業にもとづく四十余職種もの専門的な手仕事が中心となっています。これらの条件が重なり、より品質の高いものへと発展していきました。

ところで仏具は、仏教に用いるあらゆるものを意味し、主なものをあげても、仏像、宮殿、厨子、香炉、梵鐘、燭台と何百にも及び、これらの寺院用仏具も、仏壇とともに伝統的な手づくりによって作られています。現在、京都において約70%が寺院用、約30%が家庭用として製作され、また全国の寺院用仏具の多くが京都で作られています。

京漆器 [京都府の伝統的工芸品等]

もともと中国で始まったと伝えられる漆器は、日本でも縄文時代にはすでに使われていたようで、その種類も生活用具だけでなく、仏具、武器、文房具など多岐に及んでいました。

漆地に金粉を散りばめたように見える末金楼(まっきんろ)(蒔絵)が生まれたのは奈良時代のことで、この技法は平安時代へと受け継がれ、発展して、やがて研出蒔絵(とぎだしまきえ)や平蒔絵(ひらまきえ)が完成されたのです。

さらに、鎌倉時代から室町時代になると、高蒔絵、肉合蒔絵(ししあいまきえ)が行われますが、この頃には寺院や貴族などが、特定の蒔絵師をかかえるようになります。この時代に作られた「東山時代物」と呼ばれる数々の作品は、当時の京漆器の精彩ぶりを端的に示していますが、それは「わび」「さび」の境地に徹したまことに味わい深いもので、まさに日本の漆工を代表するものといえます。

安土桃山時代の京漆器は、新しく台頭してきた武士階級の趣味や好みを色濃く反映したものとなり、その様子は大変華麗なものでした。しかし、江戸時代に入ると、こうした豪華さ華麗さの中にも繊細で緻密な趣を持つものが目立つようになります。嵯峨蒔絵や光悦などの作品からもそれがうかがい知れます。

以上のように、室町時代以降、京都は全国漆器産業の中心となり栄えますが、その原動力となったのは、数多くの名工の存在であり、さらには彼らの手と技による品質とデザインの優秀性であることはいうまでもありません。

京指物(京の木工芸) [京都府の伝統的工芸品等]

京の木工芸は、様々な特殊性のある技法や道具を用いてつくる、指物、彫物、挽物(轆轤(ろくろ)細工)、曲物、箍物(たがもの)、刳物(くりもの)を包括しています。それぞれ独自の技法を駆使し、総合的に組み合わせて、調度や茶道具、香道具類ができあがります。

古代、日本は豊かな森林資源に恵まれ、縄文・弥生時代の遺跡からは、加工された木製品が多く出土しています。また、中国や朝鮮から、石や金属の文化とともに渡来した御物や仏像の多くを、木を素材として模倣し、独自の木工芸として昇華させてきました。奈良時代には、その技術は、工芸品の粋といえる正倉院の御物に集約され、都が京に移った平安時代は、公家(作物所)や寺社に守り育てられ、技法、意匠が花開いていきます。そして、鎌倉・室町時代には武家文化、江戸時代には豊かな町人文化や簡素な美を求めた茶道文化が、京の木工芸を育てるに十分な時と場所を与えてきました。

現在でも京都では脈々と受け継がれている文化・歴史的風土、文物の蓄積を糧として、多様な技法を使って表情豊かな作品が制作されています。

京焼・清水焼 [京都府の伝統的工芸品等]

京都におけるやきものの歴史は千二百有余年前に遡ります。奈良時代に、僧行基が清閑寺(東山区清閑寺)に窯を築いて土器を製造しており、その遺跡が茶碗坂といわれています。

京焼・清水焼の歴史に欠かせぬ人物に、野々村仁清(にんせい)がいます。丹波の陶工でしたが、入洛後、茶器を作り、錦手の秘法を会得します。それは華麗で優雅な色絵陶器であり、京焼・清水焼のひとつの頂点ともいえるものでした。また、仁清から直接手ほどきを受けた尾形乾山は、装飾性に富んだ絵模様で、独自の意匠性を加えました。

江戸の末期になると、大雅(たいが)、玉堂(ぎょくどう)など、中国の文人画の流れをくむ南画家が数多く出たことが影響し、京焼・清水焼は色絵陶器と奥田頴川(えいせん)によって開発された磁器に中国風土を加味した二つの世界が生まれます。その後、青木木米(もくべい)や仁阿弥道八(どうはち)、永楽保全(えいらくほぜん)などの名工が続き、伝統的な京焼・清水焼の全盛をもたらし、そのまま今日の薫り高い作品に受け継がれています。

成形については手工法、ロクロ法、石膏型による型押し法、流し込み法など、製品によってそれぞれの技法があります。焼成は、従来、京式登り窯によっていましたが、最近では電気釜やガス釜に移行しています。現在、東山地区のみならず山科や宇治市の炭山地区にもその技術が広がり、新しい京焼・清水焼の創造に意欲を燃やしています。

京扇子・京うちわ [京都府の伝統的工芸品等]

扇子は、平安時代の初めに木簡から派生、京都において創作されたものと考えられます。平安中期には、冬扇、夏扇(桧扇(ひおうぎ)・蝙蝠(かわほり))があり、さらに藤原時代には蘇芳染(すおうぞめ)(天皇・皇太子の桧扇)、杉横目(宿徳以上の老人の桧扇)、そして女子の桧扇(泥絵の扇)も記録に残っています。

室町時代に入ると、唐扇の影響で扇骨が地紙の表と裏の間に入る紙扇が作られるようになります。また、室町時代以降、香道、茶道、舞踊などの発展に伴い、それぞれに用いられる扇子も作られるようになりました。

政治、文化の中心地であった京都では、産業として隆盛を見、江戸をはじめとする諸国へ卸されるようになる一方、海外への輸出も大変古くから行われました。

また、京うちわですが、日本のうちわには中国月扇、朝鮮団扇、南方系葉扇の3系統がある中で、京うちわは、地紙の内部に多数の竹骨を持つ朝鮮団扇の流れをくんでいると考えられます。京うちわの基本的な特徴は挿柄ですが、この挿柄のうちわは、江戸時代の宮廷御用の土佐派、狩野派の絵師による描画の施された御所うちわが始まりで、以後、一般にまで広がっていったものと考えられます。

京石工芸品 [京都府の伝統的工芸品等]

平安建都の際、大内裏の造営のため石の造作が大きく求められました。このことは軟石を主としたこの時代に、礎石などの一部に花崗石が使用され、造作されたあとがその遺構に見られることからも明らかです。

その後、仏教興隆に伴って、古代から宗教的なイメージを持つ石という素材が重用されたこと、工具の進歩、ことに工具の製作や手入れなどの鍛造技術を得たことによって石工技術が発達し、石仏、石塔、石燈籠など、京石工の手による優れた石工芸品が製作されました。

鎌倉時代、政治の中心は鎌倉に移りましたが、文化の中心はやはり京都にありました。当時の石造遺品からは、京都の高い文化と京石工の卓越した技術、技法、「美」に対する鋭い感覚を知ることができます。

また、京都石工技術の向上に大きな影響を与えたものに茶道文化があります。茶人は古くから遺る石工芸品に「わび」「静寂」をくみとり、優れた遺品を珍重しましたが、遺品は数が限られているため、本歌を写した模作を茶庭に設置しました。特に、石燈籠、水鉢、層塔などは茶道との深いつながりの中で、厳しい「美」への要求に応えるとともに技法の特殊な発達を見たのです。

そして近世、ますます増大する寺社の造営と庶民文化の台頭によって需要が増加し、京石工が確固たる地位を築いていったことが在銘遺品の数々からうかがえます。

京人形 [京都府の伝統的工芸品等]

日本は人形の宝庫といわれていますが、それはまた京都を中心として展開してきたともいえます。

平安時代、貴族の子らの間で、「ひいな人形」を使ってのままごと遊びのようなものが流行しました。これが京人形の始まりともいえるでしょう。

江戸時代になると、すべてが江戸中心、将軍中心に変わっていきますが、人形については、変わらず京都を中心に展開して、江戸時代初期には人形職人も数多く輩出され、節句前になると、これらの人形師たちの店先には、さまざまな人形が並べられました。

江戸時代末期になると、御所人形が生まれますが、これは当時の宮廷から諸大名への贈答用としても重宝されました。

京人形は、頭、髪付、手足、小道具、着付など、その製作工程が細かく分業化されており、それぞれが熟練した職人たちの手仕事によって行われています。この高度に専門化した製作システムにより、京人形ならではの特色と個性が育まれています。そして、年月を経てた京人形が独特の趣を醸し出すことができるのは、この専門家の技術の錬磨と妥協を許さない厳しい製作姿勢によるところが大きいといえます。

現在、京人形と呼ばれるものには、雛人形をはじめ、五月人形、浮世人形、風俗人形、御所人形、市松人形などがあります。

京表具 [京都府の伝統的工芸品等]

表装とも呼ばれる表具は、古くから芸術や宗教が盛んであった京都を中心として発達してきました。表装は、裂地や和紙を材料として、加湿と乾燥の繰り返しのうちに、複雑な何段階もの工程を経て完成されます。

表装の歴史は古く、仏教の伝来とともに中国より伝わり、経巻に施されたのがその始まりでした。掛軸などは、仏教の広まりとともに仏画像の礼拝用として始められたものが原型とされています。

今日、表装と呼ばれるものには、襖、壁装など日常生活に密着した実用的な分野と、掛軸、額装、屏風、画帖、巻物など美術工芸的なもの、さらには高度な技術と豊かな経験が要求される古美術の修復まで含まれます。

表装は、それ自体が独立したものではなく、常に書画を鑑賞するうえでの手だてとして成り立つもので、さらには書画を保存するという役割をも担っています。目立たず、控え目でありながら、書画と一体の品格のある調和を作り出し、なおかつ表装そのものの品位も損なわないよう工夫することが要求されるのです。

千年の都、京都の美的環境と、京都人の洗練された美意識に支えられ、また湿度の高い盆地の風土に適して発展してきた表装は、床の間の発生や、室町末期から桃山、江戸時代にかけての茶道の興隆などと深く関わりあいながら発展し、磨かれていったのです。

京房ひも・撚ひも [京都府の伝統的工芸品等]

京房ひも・撚ひもは、平安時代に貴族たちが室内調度品や身の回りの小物などに華麗な房飾りを施し、雅やかな装身具として、鎌倉時代には、武士たちの武具甲冑(ぶぐかっちゅう)や刀の下げ緒に用いられました。また、茶道具の飾りとして茶道にも取り入れられるようになりました。江戸時代には、各宗本山が集まる京都で、仏具のくみひもや飾り房の専門店が数多く誕生しました。

こうしてその技術とデザインが発展し、やがて町人文化の隆盛とともに、一般庶民たちの日用品としても愛用されるようになって、現在に至ります。現代でも神具、仏具、茶道、伝統芸能をはじめ日常生活における服飾や装飾などの際に、より華やかに、また潤いあるものにするために幅広く利用され親しまれています。

丹後藤布 [京都府の伝統的工芸品等]

藤布とは、山に自生する藤蔓の皮をはいで糸を作り織り上げた布の事を指します。藤布の歴史は長く、万葉集の中にも「大君の塩焼く海人の藤衣」と藤布が使われたことが詠まれています。また、元弘2年(1332年)幕府によって隠岐の島に流された後醍醐天皇が藤の苗木を隠岐に持参されたという逸話もあり、藤を愛された天皇が藤布を身にまとい都に思いをはせられたとも語られています。日本古代の織物である藤布は日本三景の一つとして知られる天橋立を擁する丹後でその技術を伝えています。

京陶人形 [京都府の伝統的工芸品等]

京陶人形は京都で作られている素焼人形です。素焼人形は、粘土で形をこしらえ、乾燥させ、摂氏850度くらいの低火度で焼成し、顔料で彩色して仕上げたもので、全体が土という素材でありながら、やわらかなぬくもりを感じさせる深い味わいがあります。

太古の昔から、人は木や石や土など身近な材料で自分たちの似姿を作ってきました。古墳時代には土で見事な土偶や埴輪などを生み出しています。

やがて、型を使って多量に作られる時代になると、安価で気どりのない庶民の愛玩用の人形として人々に親しまれてきました。京陶人形はこのような伝統と技術を受け継ぎながら、その時々の時代の流れ、風俗や好みを反映した形を追求して今日に至ったものです。

かつては他の素材の人形とともに、京人形という総称の中に含まれていましたが、昭和32年に「京陶人形」と命名され、以後、独自の道を歩んでいます。

多品種、少量生産が主体なので、子供たちのすこやかな成長を願う雛人形や五月の節句もの、歴史をたどる時代風俗、特に王朝文化を題材にした優雅な時代もの、御所人形をはじめ幼児の愛らしさで表現する童子もの、歳守の干支などの動物もの、素材そのものを活かした素朴なもの、抽象的でモダンなものなど、作られている形は多様です。また独自の技法で作られている土鈴は、音色・形・彩色ともに豊かで人気を集めています。

京都の金属工芸品 [京都府の伝統的工芸品等]

金属製品は、弥生時代前期にはすでに使われていました。奈良時代には、仏教の隆盛とともに寺院や仏像が相次いで造られますが、それに伴って金工技術も著しく発達、さらに平安時代になると、金工師たちも奈良から京都に移り住み、数多くの金属製品がここで作られるようになりました。次いで室町時代になると、それまでの鋳銅とは異質の色合いをもつ花瓶、香炉や燭台などが中国から伝わり、わが国の金工に影響を及ぼすこととなりました。桃山時代、京都の釜座には鋳物師数十家が軒を連ね、宮中の用度品をはじめ鍋や釜など日常用品も作っていました。また、この時代には武器や甲冑、刀剣などの装飾がめざましく発達し、その技術は江戸時代へと伝承されていきました。

ところで、金属工芸といってもその範囲はずいぶん広く種類も多いのですが、技法的には、大きく鋳金、鍛金(たんきん)、彫金(ちょうきん)、錺金、布目象嵌(ぬのめぞうがん)、七宝(しっぽう)に分けられます。

鋳金はいものともよばれ、溶解した金属を鋳型に流し込んで造形する技法で、主として仏像や梵鐘、茶道具、美術工芸品などに用いられます。うちものとも呼ばれる鍛金は、金属を自在に延ばし、しぼり、立体的に造形します。鋳金に比べて軽く仕上がり、主として器などを製作します。彫金は別名ほりものといわれ、金属板に模様を彫ったり、浮彫りしたりする技法です。布目象嵌は、鉄等の堅い金属に金や銀、赤銅などを打ち込んで模様を表現する技法です。さらに七宝は、金属の素地にガラス質の釉薬を焼きつけて装飾する技法で、釉薬の種類によりさまざまな発色をするのが特徴です。

このような金属工芸の用途は、花器、食器、装身具、家具、装飾品、建築金具、茶道具、文房具などと幅広く、また素材も、金、銀、銅、鉄、赤銅、錫などと多岐にわたっています。

京象嵌 [京都府の伝統的工芸品等]

金属の生地に色の異なった金属をはめ込み、それぞれの色彩や隆起などで模様を表現するのが象嵌です。

象嵌は世界のあちこちで古くから行われ、主として武器や宗教的なものに用いられていました。わが国には奈良時代に大陸から伝わり、正倉院にも刀身に金で象嵌したものが遺され、同じく奈良の薬師寺本尊の掌や仏足にも輪宝文などが象嵌されています。鎌倉時代には、刀の鍔(つば)などに象嵌が施されるようになりました。

江戸時代の初めには、西陣に住む埋忠(うめただ)と正阿弥(しょうあみ)の二家の仕事ぶりが目立ち、両家の弟子たちが各地の大名に仕えるようになり、それにつれて京都の技術は全国に広まっていくようになりました。

このように武士階級や貴族など、一部の階層を中心として行われてきた象嵌は、やがて江戸時代末期までには、火鉢やキセルなど一般にも広く用いられるようになりますが、明治の廃刀令で一時途絶えかけました。しかし、その発展を海外に求めた四方安之助や並河靖之らの努力が実を結び、欧米で日本の象嵌技術が高く評価され、以後輸出品として脚光を浴びるようになりました。

現在、京都で製作される象嵌製品には、ペンダント、ネクタイピンなどの装身具、額などを中心とする室内装飾品があります。

京刃物 [京都府の伝統的工芸品等]

日本に刃物らしきものが伝わったのは4世紀といわれていますが、それは刃物というよりも刀剣といった方が適しているでしょう。

やがて平安時代になると、刃物の世界においても三条宗近を筆頭に、吉家、五条兼永、国永、そして鎌倉時代には千代鶴国安など、優れた刀工が出て、その技術を全国に伝えました。

時代の推移とともに、人々の日常生活に欠くことのできない刃物類も数多く造られるようになり、やがて、刀鍛冶、農鍛冶、刃物鍛冶と大きく三分され、さらに需要に応じて細かく専門化されていきます。

京都はもともと都であったという地の利と、出雲地方の砂鉄や玉鋼、伏見稲荷周辺の土、鳴滝の砥石、丹波地方の松炭、さらには良質の水などが容易に入手できるという刃物造りに適した条件を備えていました。それゆえに、室町時代中期頃より鍛冶の町として栄え、以後明治の初め頃まで、刃物の一大産地として全国に知られました。

今日、全国の刃物産地の技術は、その大半が京都より伝わったといわれています。また、京都の伝統産業である西陣織、扇子、竹工芸、木工芸、造園、建築、料理、畳、瓦そして華道などあらゆる分野において、刃物はかげの力としてその発展を支え、今日に至っています。

現在京刃物は、包丁、鋏、鋸、ナタ、鎌、竹ノ子堀り、彫刻刀など、日常で使われるものから専門職の道具まで、多種多様に製作されており、その質の高さと使い易さには定評があります。

京の神祇装束調度品 [京都府の伝統的工芸品等]

古来より、神具は祭具や祭器具とも呼ばれ、神殿や三方などの木具類、鏡類、御簾、几帳、旗、幕、雅楽器などがあり、装束として、衣冠、狩衣、あるいは、その付属品として、冠、烏帽子などがあります。また、祭祀や祭礼に用いる祭具には、多くの種類があり、何れもが少量生産、大部分が手作りです。伊勢大神宮の御遷宮調度師として名高い坂本家が世に出るのは江戸中期のことですが、もちろんそれ以前から、京都の神具は全国に先んじて発達していました。現代においても、式年遷宮の神宝装束の多くは京都の業界で製作されています。

京都は明治維新まで皇室の所在地であり、各種の式典、行事も多く、古くから神社の神事も盛んであったために、それらの調度や衣装(装束)などを作る専門家を多数必要としました。

装束については、神職(神主)は狩衣、浄衣を通常着用しますが、祭祀や祭礼では束帯、衣冠を着けるのがならわしです。これらは、室町時代以前より西陣で織り続けられてきましたが、このうち、山科家は宮中の装束を、そして高倉家は将軍家や諸大名の装束を、それぞれ西陣の御寮織物司に命じて作らせていました。

また、これは神具においても同様で、祭礼に用いる神輿、鉾、錦旗などの飾り物は、そのほとんどが西陣の錦綾や金襴などが使われています。

京銘竹 [京都府の伝統的工芸品等]

竹は原始時代にはすでに用いられていましたが、滑沢(かったく)で強く、その上弾力性にもすぐれて、また乾湿にも歪みがこない特徴を思えば当然のことではあります。

正倉院には、竹を用いた楽器をはじめ、箱や華龍その他多数の遺品が保存されていますが、平安時代になると、建材としても随所に使われるようになります。また同時に、矢や鞭などの武器、農耕・漁猟の道具など、日常生活の細かな部分まで広がりました。

鎌倉時代の終わり頃から室町時代にかけて、茶道具を製作するために欠かせぬ素材として、竹はますます重宝されるようになりました。

江戸時代初期には、竹細工、柄杓師が活躍し、将軍家の御用をつとめるほどになっています。中期になると、大竹を輪切りにした花器や柄杓などの道具を作る職人が京極の二条や四条周辺に多く住みました。

京都は竹の生産地としての風土条件に大変恵まれています。山に囲まれた盆地は寒暖の差が激しく、土壌も肥沃です。このような風土と文化都市としての恵まれた環境のもと、京都はまた竹の都としても知られてきました。

京都の竹工芸品の特色は、竹そのものの持ち味をそのまま生かしているところにあります。これは、それだけ京都の竹が素材としてすぐれているということでしょう。中でも、嵯峨野の竹は殊に名高いものです。

京の色紙短冊和本帖 [京都府の伝統的工芸品等]

色紙とは、もともと染紙のことを指します。この名は、屏風や障子などに詩歌その他を書き入れる場所(余地)を取ることを色紙型と呼んだことに由来します。 平安時代、歌集や詩書の中には染紙を用いて装飾性をもたせたものが数多くありました。このなかには、金銀の泥絵(かきえ)や切箔(きりはく)さらには野毛(のげ)などを蒔(ま)いた華麗なものも多くありましたが、これが現在のような色紙や短冊として完成するのは鎌倉時代からであると考えられています。それまでは懐紙が用いられていたようで、平安中期の作として有名な藤原佐理の「詩懐紙(しかいし)」はその好例です。

短冊は、短籍、短策、短尺とも書き表され、懐紙や色紙よりは小さく、略式化されたものが短冊とされていました。この短冊の寸法は頓阿や二条為世が定めたとされています。短冊の遺品が多くみられるようになるのは南北朝の頃からですが、室町時代の初期にはかなり盛んになっていたようで、それは後小松天皇御製料紙や豊公醍醐の花見の短冊などでもわかるとおり、狩野派や土佐派の流れを汲むすばらしい金銀泥絵でした。

色紙および短冊は、一般に経師により作られていましたが、それには朝廷用の一切の紙に関する仕事に携わっていたもの、もっぱら寺院を得意先にしたものなどがあり、さらには絵草紙屋でも一般向けに色紙や短冊類を販売していました。

元来、宮廷や寺院などで多用された色紙・短冊ですので、京都にその発展の中心があったのは当然といえますが、なかでも金泥(きんでい)や金銀箔により加工する職人は、ほとんどが京都から世に出ました。

和本帖は俳句や和歌、語録や大切な記録、または絵画や旅日記等を留めるために生まれたもので、その形状は糸綴り本、平紐綴り本、芳名録、折りたたみ式画帖や集印帖、折手本、巻物等に分かれています。

北山丸太[京都府の伝統的工芸品等]

一般に北山丸太といわれるものには、北山タルキ、北山磨丸太、面皮丸太、人造絞丸太、天然出絞丸太などがあり、その特色は数多く、とりわけ材質が緻密で木肌が滑らかで光沢があります。
また、木肌の色が美しく、変色もなく、亀裂が入らないとされています。
この白い木肌を作るには、伐採した後すぐに皮をはぎ、真夏の太陽に一週間ほど晒し、その後水につけ、砂で丁寧に磨きます。

また、北山丸太の高度な「枝うち」という技法により均一な太さに仕上げられています。
これは、植林後10年を経過した北山杉の枝を3~4年に一度、下の枝から順次切り落とすことにより、幹の成長を止め、切り口と末口の太さの差を少なくする技術で、一本一本心を込めて生産される北山丸太の特徴となっています。

このような優れた特色は、床柱やタルキなど、それぞれの用途に応じてさし木苗の養成時から、15~40年後の伐採に至るまで、一貫した育林技術が確立されていることによるところが大きいのです。
今日の北山林業の繁栄は、こうした先覚者のたゆまぬ情熱や品種改良への努力、また、耕地が少ないという立地条件から生まれた生活の知恵の結実です。

京版画 [京都府の伝統的工芸品等]

木版印刷は、飛鳥時代に百済(朝鮮)から仏教が伝えられた時(6世紀半ば)、一緒に伝来した経文印刷用の文字木版に端を発します。その時、添えられていた仏像の簡単な輪郭摺り用の版木がヒントになって、基礎となる木版画が生まれました。京版画は、その時代より受け継がれた、京都での木版画です。木版画には宗教・実用・美術等、様々な種類があり、多くの場所に使用されてきました。そして、後世欧米人を仰天させ、「世界芸術の殿堂」入りを果たした浮世絵木版画へと発展していきました。

出版物の中では、高名な本阿弥光悦の「嵯峨本」等が有り、デザイン本としても京版画は素晴らしい作品を残してきました。京版画の得意とする胡粉摺・雲母摺等の技術は、京版画以外の伝統工芸・芸術とともに、京都の風土に合わせ発展してきた技術です。その技術を持って最近では、岩絵具を使った木版画も作成されています。

伝統木版画では、絵師・彫師・摺師の共同作業によって制作されています。一つの道を一人が極め、三つの道が結ばれる事によって、素晴らしい作品が出来上がります。

丹後ちりめん [京都府の伝統的工芸品等]

日本三景のひとつとして知られる「天橋立」を擁する京都府の丹後半島一帯は、丹後ちりめんを中心に先染織物や丹後藤布など様々な織物の一大産地です。

丹後地方は大和文化と出雲文化の交流地点で早くから独自の文化が開けていました。約1200年前の天平年間には聖武天皇へ「あしぎぬ」という絹織物が献上され、現在も奈良正倉院に保存されています。

以来、その気候や風土が生産に適していたために、絹織物は長い歴史の中でこの地方の特産品として培われ、江戸時代中期以降の「丹後ちりめん」の開発へとつながっていくのです。

丹後ちりめんが今のように独特のシボをもち、絹の風合いと感触を最高に発揮する織物になったのは280年ほど前の享保5年(1720年)のことです。丹後峰山町に住む絹屋佐平治(後に森田治郎兵衛と改名)が京都西陣の機屋に奉公人として入り、織物技法・糸口の仕掛け・シボの出し方などを研究し、この秘法を丹後に持ち帰り、ちりめんの製織を始め、今日の丹後ちりめんのいしずえを築きました。

絹織物の産地であった丹後だけに、ちりめん技法の普及は早く、峰山藩の積極的な保護政策などもあって、多様なちりめんが丹後地方一帯で生産され、一大産地を形成し今日に至っています。

近年では、絹の風合いを損ねることなく水に濡れても縮みにくく、しかも摩擦に強い「ハイパーシルク」加工技術が開発され、洋装服地など新しい商品づくりも進められています。

また、今までは着物の素材として白生地のまま売られることの多かった丹後ちりめんですが、最近では染めたうえで、小物や、インテリア用品を作るなど、デザイン力の高まりと共に色々な完成品が作られるようになりました。

黒谷和紙 [京都府の伝統的工芸品等]

紙は仏教とともに日本に伝わり、その技術は全国に広まりました。都が奈良から京都へ移るとともに、京都には官制の紙漉き場が設けられました。

黒谷は、現在京都に残る数少ない紙郷ですが、平家の落武者が子孫へ残す仕事として細々と始めたものと伝えられています。それが江戸時代には数々の奨励策もとられて大きく発展していきました。京都の中心地が近いということもあって、京呉服に関連した値札、渋紙、襖紙などで知られるようになり、他にも傘紙や障子紙なども数多く生産していました。その後、土佐の紙漉きの技術も加え、楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)などの大判紙や厚紙などもこなせるようになり多様化しました。

明治以後、とりわけ第二次大戦後、洋紙の影響により和紙の需要は少なくなり、さらには技術者不足もあって、各産地では手漉きから機械漉きへの転換が進みましたが、黒谷では伝統的な手漉きの技法を守り続け、今では全国でも数少ない純粋手漉き和紙産地のひとつとして、貴重な存在となっています。その用途も、産地と研究者の努力により、一段とバラエティー豊かなものとなり、さらには紙衣や紙布の伝統を生かして座布団や絨毯まで製作されています。

丹波・丹後地方は、古くから良質の楮を産することで知られましたが、それは黒谷川の清流とも相まって、紙作りには大変適していました。自然を生かし、自然のままに作られ始めた黒谷の和紙は、機械化が進む世の中で、変わらず昔の姿を残しています。

京たたみ[京都府の伝統工芸品等]

畳の歴史は古く、奈良時代の古事記にしばしば登場しており、1300年の歴史を有しています。中国から伝来した技術が多い中、畳の製造は日本固有の伝統文化であるといえます。

平安時代には貴族等が権力を象徴するものとして使用し、京都御所内の紫宸殿や清涼殿、御常御殿ではその面影が今に伝えられています。

やがて茶道の発展に伴い、幾多の変遷を経て、今日の「京たたみ」が作られ、一般の民衆にも広まっていきました。
特に政治・文化の中心地であった京都には、数多くの神社仏閣が存在していたことから、畳製作の技術・技能は古くから全国有数の技術をもっています。

現在製造されている畳は、家庭用と茶室用の「一般畳」と神社仏閣で使用される「有職畳」の2種類に大別され、高度な技術を必要とする「厚畳」、「拝敷」といった有職畳のほとんどは京都で生産されています。

全国的に機械による製造が進む中で、京都では、今も伝統的な技術が受け継がれ、手縫いによる高級畳の生産が多く行われています。

こうして、職人の手縫いにより、わらの1本1本に真心をこめて形作られた藁床は、常々十分な手入れをすれば、100年以上は持つともいわれています。

京印章[京都府の伝統的工芸品等]

中国で発達した印章がわが国に入ってきたのは聖徳太子の時代といわれています。国の制度となったのは大宝元年(701)の大宝律令制定からで、平安京が開かれて都となった京都では天皇御璽(ぎょじ)や当時の役所の官印などが作られていました。また現在も保存されている社寺印のなかにも、当時作られたものがみられます。
やがて江戸時代になると庶民にまで印章が普及し、需要が急増して印判師が誕生しました。そして、わが国最初の印判師ともいえる人物が三条室町あたりに住んでいたことから、京都は印章の中心地として発展してきました。
京都の印章の特色は、中国の漢時代の印章最盛期の漢印といわれる銅印の作風を受け継いでおり、いわゆる漢印篆(かんいんてん)を主体とした重厚で雅味豊かな印章が多く作られています。現在、宮内庁侍従職に保管され、国家の文書に使用されている天皇御璽と大日本御璽は、明治7年に京都中京区の住人、安部井櫟堂(あべいれきどう)が印司に任ぜられて、1年がかりで制作したものです。漢印篆の堂々とした文字が彫刻され、純金製で重量は4.5キログラムにも及びます。また、御璽、国璽の前の制作者も京都の中村水竹です。

印章の彫刻は現在、厚生労働省の技能検定に合格した技能士がこれにたずさわり、京都においては60余名の技能士が活躍しています。そして柘植(つげ)、水牛、象牙などを素材に伝統的な京印章を制作していますが、一方ではさらに自由な発想にたち、しかも文字の持つ意味をこわさない現代感覚の印章も数多く生み出されています。

京七宝 京七宝協同組合
京竹工芸 京都竹工芸品協同組合

丹後ちりめん工芸品[京都府の伝統的工芸品等]

京もの技術活用品である「丹後ちりめん工芸品」とは、京もの指定工芸品である「丹後ちりめん」を素材として、染色・縫製等の加工を行い、新たに生み出された製品のことです。
「丹後ちりめん工芸品」は和装用小物、洋装用小物、衣料品、寝装品、インテリア用品、生活用雑貨と多数の用途のものが制作されています。主なものとして、風呂敷、帯揚げ、スカーフなどがあります。

新着記事

店舗案内

新原美術 しんはらびじゅつ

OPEN/CLOSE 9:00~18:00(年中無休)
TEL 0766-22-7303 / FAX 0766-30-8048
〒933-0932 富山県高岡市鴨島町40番地1
富山県公安委員会 501230008404号

──

──

富山・石川・福井全域で無料鑑定を承ります。

画像による簡易鑑定で、

すぐにおおよその額を知っていただくことも可能です。

出張鑑定、持ち込み鑑定、宅配鑑定をご利用の際は、

事前にお問い合わせフォームまたは、お電話より

鑑定予約のお申し込みを行って下さい。

販売店舗紹介

新原美術 富山高岡本店

大正12年創業
安心と信頼の実績 買取と販売 両方に力を入れています。

富山県高岡市鴨島町40−1

営業時間 9:00〜18:00

定休日 不定休

電話番号 0766-22-7303

新原美術 展示場(antique shop 樹)

新原美術本店近くにあった旧松本建具の物件を買取改装して2019年にopen致しました。

伊万里焼や大聖寺伊万里を中心に1000点以上を展示しています。

買取も行なっています。

富山県高岡市鴨島町52

営業時間 12:00〜18:00

定休日 不定休

電話番号 0766-73-2171

新原美術 東京店

2022年1月にopen致しました。

都内では珍しい大聖寺伊万里を中心に北陸の器を取り揃えています。

東京都台東区台東3-33-5 宝誠ビル1階

営業時間 10:00〜18:00

定休日 不定休

電話番号 03-6284-4649