美 

術 

新着情報

常滑焼について🍵

こんにちは。高岡で古美術商をしております、新原美術です❣️

 

急須といえば、あの朱い色をした常滑焼のもの

を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

朱泥でできた常滑焼の急須で淹れるとお茶が美味しいといいますよね。

常滑焼は、愛知県常滑市を中心に、古くから作られてきた焼き物の名称です。

 

常滑焼は日本古来の焼き物

日本古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続く代表的な窯元が6つあり、

その中の1つに常滑焼があります。

ちなみに他に瀬戸焼・越前焼・信楽焼・丹羽立杭焼・備前焼六古窯に入ります。

六古窯は日本遺産に認定されています。

 

常滑焼のはじまり

常滑焼は古代灰釉陶器の系譜を引いた無釉陶器で、平安時代末期に成立しました。

灰釉陶器というのは施釉された陶器で、初期には貴族のための食器として焼かれていたものが、

庶民にも普及するとともに粗野なつくりになり、施釉がやめられ量産化されるようになりました。

この施釉されていない焼き物は、考古学用語では山茶碗と呼ばれています。

 

大量生産と流通

平安時代末期より、太平洋沿岸を中心として常滑焼が流通していましたが、

広島にある遺跡からは鎌倉時代の常滑焼が見つかっており、

鎌倉時代に入っての流通範囲の広がりが伺えます。

草戸千軒町遺跡は備前焼の生産地に近い立地でありながらも、常滑焼が数多く見つかっています。

 

正確な数は判明していませんが、中世窯の数は数千基ともいわれます。

地下式窖窯(ちかしきあながま)という形で、現在でいう登り窯です。

以下、とこなめ陶の森より一部抜粋


丘陵の斜面に沿うように地下に傾斜したトンネルを掘り、その穴の中に焼く前の品物を入れ、下の方で薪(まき)を燃やし、焔(ほのお)をトンネルの中に送りこむという構造の窯がはじめの窯です。その特徴から窖窯(あながま) と呼ばれています。そして、この窖窯は現在の東海市・大府市から南知多町にいたるまで知多半島の全域で築かれていました。その数は3000基以上とも言われています。


 

窯に適した焼き物

室町時代になると、窯は地下穴窯から半地上式の大窯に構造が改良されたものが生まれ、

製品は真焼け赤物(あかもの)を始めとする日用雑器が多くなりました。

 

「真焼け」は焼き締まっており吸水性が少ないので、液体を入れるのに適しています。

窖窯で主に生産されました。

 

「赤物」は吸水性があります。素焼きのようで色は赤褐色をしています。

穀物入れなどのほかに、火鉢など中で火を使うものに多く使われました。

素焼き程の低火力で焼けるため多くは大窯で焼かれました。

 

古常滑」と呼ばれるものの多くは、窖窯で焼かれたものですが、

大窯製品をも「古常滑」の中に入れる場合もあります。

 

 

窯の発達

江戸時代末期には連房式登窯(れんぼうしきのぼりがま)が導入されます。

大窯では均一に火力が回らず、低温部には赤物が入れられていたのですが、

この登窯では均一に高温で焼くことができたため、すべてを真焼きに焼き上げることができました。

赤物も焼かれており、下水道を作るために土樋(どひ)とよばれる土管が焼かれていました。

 

名入れ

渡辺弥兵衛が常滑焼を尾張藩主に献上した際、賞玩にあずかり、

また無名であったため元功斎という名前を賜ることになり、作品にも名入れされるようになりました。

その後、伊奈長三郎、上村白鴎、赤井陶然などの名工も出て茶器や酒器などに優れた技を発揮しました。

 

余談

中国に紫砂壺という急須があります。

紫砂壺でお茶を淹れますと渋みや灰汁が茶壺に吸収され、お茶が美味しくいただけます。

江戸時代には輸入されており、これをお手本に常滑で同じようなものが作られ、

今もなお「常滑焼の急須で淹れたお茶は美味しい」といわれ

特に急須には常滑焼が愛好されています。

 

 

(参考HP:とこなめ焼協同組合・とこなめ陶の森・Wikipedia)

 

 

骨董品・美術品・ギフトなど断捨離をお考えの方はぜひ「新原美術」で✨
無料お見積もりいたします!よろしくお願いします💐

また、
新原美術では、
処分しなくてはいけなくなってしまった
‼️【金仏壇のお買取】‼️

しています!お仏壇の処分は「お引き取り」であっても基本的にお金がかかってしまいます。
新原美術では金仏壇を『お買取り』できます!(唐木仏壇は『有料でのお引き取り』になります🙇‍♀️)

遷座法要を行いたいが、懇意のお寺がないという場合はこちらでお寺のご紹介も可能です!
お西(本願寺派)・お東(真宗大谷派)どちらでも対応可能です✨

遺品整理・お仏壇の処分をお考えのお客様、詳しくお話を聞きたいというお客様、
ご不明なことなどございましたら、お電話で☎️お気軽にご相談ください😊

新原美術

新原美術買取用HP

新原美術ECサイト

新原美術

大正12年創業

安心と信頼の実績 買取と販売 両方に力を入れています。

富山県高岡市鴨島町40−1

営業時間 9:00〜18:00

定休日 不定休

電話番号 0766-22-7303

新原美術 展示場 (antique shop 樹)

新原美術本店近くにあった旧松本建具の物件を改装して2019年にopen致しました。

伊万里焼や大聖寺伊万里を中心に1000点以上を展示しています。

買取も行なっています。

富山県高岡市鴨島町52

営業時間 12:00〜18:00

定休日 不定休

電話番号 0766-73-2171

新原美術東京店

2022年1月11にopen致しました。

都内では珍しい大聖寺伊万里を中心に北陸の器を取り揃えています。

東京都台東区台東3-33-5 宝誠ビル1階

営業時間 10:00〜18:00

定休日 不定休

電話番号 03-6284-4649

富山県買取エリア

富山市(とやまし) 高岡市(たかおかし) 魚津市(うおずし)

氷見市(ひみし) 滑川市(なめりかわし) 黒部市(くろべし)

砺波市(となみし) 小矢部市(おやべし) 南砺市(なんとし)

射水市(いみずし) 舟橋村(ふなはしむら) 上市町(かみいちまち)

立山町(たてやままち) 入善町(にゅうぜんまち) 朝日町(あさひまち)

石川県買取エリア

金沢市(かなざわし) 七尾市(ななおし) 小松市(こまつし)

輪島市(わじまし) 珠洲市(すずし) 加賀市(かがし) 羽咋市(はくいし)

かほく市 白山市(はくさんし) 能美市(のみし) 野々市市(ののいちし)

能美郡川北町(のみぐんかわきたまち)

河北郡津幡町(かほくぐんつばたまち)

河北郡内灘町(かほくぐんうちなだまち)

羽咋郡志賀町(はくいぐんしかまち)

羽咋郡宝達志水町(はくいぐんほうだつしみずちょう)

鹿島郡中能登町(かしまぐんなかのとまち)

鳳珠郡穴水町(ほうすぐんあなみずまち)

鳳珠郡能登町(ほうすぐんのとちょう)

福井県買取エリア

福井市(ふくいし) 敦賀市(つるがし) 小浜市(おばまし)

大野市(おおのし) 勝山市(かつやまし) 鯖江市(さばえし) あわら市

越前市(えちぜんし) 坂井市(さかいし)

吉田郡永平寺町(よしだぐんえいへいじちょう)

今立郡池田町(いまだてぐんいけだちょう)

南条郡南越前町(なんじょうぐんみなみえちぜんちょう)

丹生郡越前町(にゅうぐんえちぜんちょう)

三方郡美浜町(みかたぐんみはまちょう)

大飯郡高浜町(おおいぐんたかはまちょう) 大飯郡おおい町

三方上中郡若狭町(みかたかみなかぐんわかさちょう)

岐阜県買取エリア

岐阜市(ぎふし) 大垣市(おおがきし) 高山市(たかやまし)

多治見市(たじみし) 関市(せきし) 中津川市(なかつがわし)

美濃市(みのし) 瑞浪市(みずなし) 羽島市(はしまし)

恵那市(えなし) 美濃加茂市(みのかもし) 土岐市(ときし)

各務原市(かがみはらし) 可児市(かにし) 山県市(やまがたし)

瑞穂市(みずほし) 飛騨市(ひだし) 本巣市(もとすし)

郡上市(ぐじょうし) 下呂市(げろし) 海津市(かいずし)

羽島郡岐南町(はしまぐんぎなんちょう)

羽島郡笠松町(はしまぐんかさまつちょう)

養老郡養老町(ようろうぐんようろうちょう)

不破郡垂井町(ふわぐんたるいちょう)

不破郡関ヶ原町(ふわぐんせきがはらちょう)

安八郡神戸町(あんぱちぐんごうどうちょう)

安八郡輪之内町(あんぱちぐんわのうちちょう)

安八郡安八町(あんぱちぐんあんぱちちょう)

揖斐郡池田町(いびぐんいけだちょう)

本巣郡北方町(もとすぐんきたがたちょう)

加茂郡坂祝長(かもぐんさかほぎちょう)

加茂郡富加町(かもぐんとみかちょう)

加茂郡川辺町(かもぐんかわべちょう)

加茂郡七宗町(かもぐんひちそうちょう)

加茂郡八百津町(かもぐんやおつちょう)

加茂郡白川町(かもぐんしらかわむら)

加茂郡東白川町(かもぐんひがししらかむら)

可児郡御嵩町(かにぐんみたけちょう)

大野郡白川村(おおのぐんしらかわむら)

北陸三県(富山 石川 福井)岐阜県 どこでも買取いたします!!

買取価格に自信があります!!

気になる商品があれば是非ご連絡下さい。

新原美術 東京店買取エリア

東京都買取エリア

台東区(たいとうく)  文京区(ぶんきょうく) 千代田区(ちよだく)

墨田区(すみだく)  中央区(ちゅうおうく)  江東区(えとうく)

江戸川区(えどがわく)  葛飾区(かつしかく)  足立区(あだちく)

荒川区(あらかわく)  北区(きたく)  豊島区(とよしまく)

新宿区(しんじゅくく)  渋谷区(しぶやく)  目黒区(めぐろく)

港区(みなとく) 品川区(しながわく)  大田区(おおたく)

板橋区(いたばしく) 練馬区(ねりまく) 中野区(なかのく)

杉並区(すぎなみく) 世田谷区(せたがやく) 東久留米市(ひがしくるめし)

西東京市(にしとうきょうし) 武蔵野市(むさしのし) 三鷹市(みたかし)

狛江市(こまえし) 清瀬市(きよせし) 小金井市(こがねいし)

調布市(ちょうふし) 小平市(こだいらし) 東村山市(ひがしむらやまし)

国分寺市(こくぶんじし) 国立市(こくりつし) 府中市(ふちゅうし)

稲城市(いなぎし) 東大和市(ひがしやまとし) 多摩市(たまし)

市川市(いちかわし) 日野市(ひのし)町田市(まちだし)

武蔵村山市(むさしのし) 昭島市(あきしまし) 瑞穂町(みずほし)

福生市(ふっさし) 八王子市(はちおうじし) 羽村市(はむらし)

青梅市(おうめし) 日の出町(ひのでまち) あきる野市(あるきのし)

奥多摩町(おくたままち) 檜原村(ひのはらむら)

千葉県買取エリア

千葉市(ちばし) 中央区(ちゅうおうく) 花見川区(はなみがわく)

稲毛区(いなげく) 若葉(わかばく) 緑区(みどりく)

美浜区(みはまく) 銚子市(ちょうしし) 市川市(いちかわし)

船橋市(ふなはしし) 館山市(たてやまし) 木更津市(きさらずし)

松戸市(まつどし) 野田市(のだし) 茂原市(もばらし)

成田市(なりたし) 佐倉市(さくらし) 東金市(とうがねし)

旭市(あさひし) 習志野市(ならしのし) 柏市(かしわし)

勝浦市(かつうらし) 市原市(いちはらし) 流山市(ながれやまし)

八千代市(やちよし) 我孫子市(あびこし) 鴨川市(かもがわし)

鎌ケ谷市(かまがやし) 君津市(きみつし) 富津市(ふっつし)

浦安市(うらやすし) 四街道市(よつかいどうし) 袖ケ浦市(そでがうらし)

八街市(やちまたし) 印西市(いんざいし)  白井市(しろいし)

富里市(とみさとし) 南房総市(みなみぼうそうし) 匝瑳市(そうさし)

香取市(かとりし) 山武市(さんむし) いすみ市(いすみし)

大網白里市(おおあみしらさとし) 酒々井町(しすいまち)栄町(さかえまち)

神崎町(こうざきまち) 多古町(たこまち) 東庄町(とうのしょうまち)

九十九里町(くじゅうくりまち) 芝山町(しばやままち)

横芝光町(よこしばひかりまち) 一宮町(いちのみやまち)

睦沢町(むつざわまち) 長生村(ちょうせいむら)

白子町(しらこまち)長柄町(ながらまち)長南町(ちょうなんまち)

大多喜町(おおたきまち)御宿町(おんじゅくまち)鋸南町(きょなんまち)

新着記事

店舗案内

新原美術 しんはらびじゅつ

OPEN/CLOSE 9:00~18:00(年中無休)
TEL 0766-22-7303 / FAX 0766-30-8048
〒933-0932 富山県高岡市鴨島町40番地1
富山県公安委員会 501230008404号

──

──

富山・石川・福井全域で無料鑑定を承ります。

画像による簡易鑑定で、

すぐにおおよその額を知っていただくことも可能です。

出張鑑定、持ち込み鑑定、宅配鑑定をご利用の際は、

事前にお問い合わせフォームまたは、お電話より

鑑定予約のお申し込みを行って下さい。

販売店舗紹介

新原美術 富山高岡本店

大正12年創業
安心と信頼の実績 買取と販売 両方に力を入れています。

富山県高岡市鴨島町40−1

営業時間 9:00〜18:00

定休日 不定休

電話番号 0766-22-7303

新原美術 展示場(antique shop 樹)

新原美術本店近くにあった旧松本建具の物件を買取改装して2019年にopen致しました。

伊万里焼や大聖寺伊万里を中心に1000点以上を展示しています。

買取も行なっています。

富山県高岡市鴨島町52

営業時間 12:00〜18:00

定休日 不定休

電話番号 0766-73-2171

新原美術 東京店

2022年1月にopen致しました。

都内では珍しい大聖寺伊万里を中心に北陸の器を取り揃えています。

東京都台東区台東3-33-5 宝誠ビル1階

営業時間 10:00〜18:00

定休日 不定休

電話番号 03-6284-4649